【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【Webシステムの仕組み】クライアントサーバシステムとWeb三層構造

Webシステムの仕組み

Webシステム(WebサイトやWebアプリケーション)の仕組みを理解するうえで、絶対におさえておきたい構成が以下の2つです。

  • クライアントサーバシステム
  • Web三層構造

これらの仕組みは、Web業界では基本中の基本ですが、プログラミングの勉強を始めたばかりの方にとって、Webシステムの仕組みは難しく感じるものです。

今回は、そんなWebシステムの仕組みを初心者でもわかるくらい簡単に解説しますので、さくっと覚えちゃいましょう!

Webシステムの仕組み

Webシステムの構成

WebサイトやWebアプリケーションなどのシステムは、以下の2つから構成されています。

  • アプリケーション(プログラマーが書いたプログラム)
  • インフラ(インフラストラクチャ―)

アプリケーションだけあっても、インフラがなければ動かすことができません。

もちろん、インフラがあってもアプリケーションがなければ、空っぽの箱と同じです。

そして、このインフラの一部である「サーバ」の理解こそが、Webシステムの仕組みを理解するための重要なカギなんです。

「インフラのことがまったくわからない!」という方は、さきに「Webシステムとは何か?ITインフラを理解して全体像を把握しよう!」を読んでからお進みください!

クライアントサーバシステムとは

Webサーバの仕組み

クライアントサーバシステム(クライアントサーバ方式)とは、「クライアント」と「サーバ」からなるシステムのことを指します。名前のまんまです。

  • 「クライアント」…サーバにアクセスして機能を利用するソフトウェア
  • 「サーバ」…何かしらの機能を提供するソフトウェア(ミドルウェア)

たとえば、Webサーバにアクセスする「IE」「Edge」「Chrome」「Firefox」「Safari」などのブラウザは、Webクライアントにあたります。

また、サーバという言葉は「ミドルウェアそのもの」を指すこともあれば、「ミドルウェアを動かしているマシン」を指すこともあります。

どちらを指しているのかは、その会話の前後で読み取るしかありません。現場では、会話の流れを読んで認識するしかないんですよね。

ちなみに、この記事でいう「サーバ」は、ミドルウェアそのものだと思ってください。

キツネ

まぎらわしいけど、慣れるまではそういうものだと思ってほしい!

あと、サーバがあれば、ほぼ必ずといっていいほどクライアントが存在することも覚えておいてください。

もちろん、サーバだけの場合もあるのですが、だいだいはクライアントも存在します。

キツネ

「サーバがあるならクライアントはどれだろう?」って考え方になれるといいよ!

Web三層構造の仕組み

Web三層構造システム

Webサーバ、APサーバ、DBサーバからなる構成を「Web三層構造」とよびます。

Webサイトを構築する際の基本的な構造だと思ってもらえればいいです。

Webサーバ単体で動かしたり、WebサーバとAPサーバだけで動かしたりと、サイトの目的によっても変わってきますが、基本はこの3階層になっています。

各サーバの処理の流れはこんな感じ。

Webシステムの処理の流れ

  1. ブラウザからのリクエストを「Webサーバ」が受け取る
  2. 「Webサーバ」が受け取ったリクエストを「APサーバ」に要求
  3. 「APサーバ」はアプリケーションを実行し、「DBサーバ」に必要な処理を要求
  4. 「DBサーバ」は処理を実行し、その結果を「APサーバ」に渡す
  5. 受け取った結果をもとに「APサーバ」はHTMLなどのデータを作成
  6. 作成したデータを「Webサーバ」に渡す
  7. 「Webサーバ」はブラウザにデータを渡す

各サーバの詳しい解説は、以下の記事にまとめていますので、気になる方はどうぞ。

まとめ

「クライアントサーバシステム」と「Web三層構造」を理解することで、なんとなくWebシステムの構成はイメージできたと思います。

次は、「【Web通信の仕組み】HTTP、IPアドレス、ポート、全部まとめて解説」を読んで、ブラウザからWebサーバにアクセスしたときの通信の仕組みについて確認しましょう!

テキストのコピーはできません。