【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【Vim入門】初心者のためのviの使い方と最低限の基本操作

vim入門

Linuxを使うなら、絶対に避けて通れないのが「vi(vim)」の存在です。

Linuxで何かファイルを編集するとなると、ほぼ必ずといっていいくらいvi(vim)エディタを利用することになるからです。

とはいっても、実際の業務でviを使ってガリガリ書くなんてことは少ないので、最低限の操作ができれば十分です。

ここでは簡単なviの概要と基本操作について紹介していきます。

viとは

viとは、Linuxに標準でインストールされているテキストエディタです。

viは「モードを持つエディタ」とよばれていて、「コマンドモード」と「インサートモード」を切り替えながらファイルを操作していきます。

  • 「コマンドモード」:カーソル操作やコピペ、ファイルの保存などをおこなう
  • 「インサートモード」:ファイルに文字を入力する

viとvimの違い

「vi」でググると「vim(ヴィム)」というエディタがよくヒットすると思います。

実はvim(ヴィム)とは、viを拡張したテキストエディタのことで、「ビジュアルモード」など新たな機能が加えられた改良版viなんです。

注意する点としては、viとvimで各モードの意味合いが少し違うところです。

  • 「ノーマルモード」:カーソル操作やコピペをおこなう
  • 「コマンドモード」:ファイルの検索、保存などをおこなう
  • 「インサートモード」:ファイルに文字を入力する
  • 「ビジュアルモード」:テキストを選択する

最近のLinuxでは「vi」を起動すると「vim」が自動で起動するようになっているので、vimのモード名で覚えるようにしましょう。

キツネ

viとvimでモード名は違っても、基本的な操作はほとんど一緒!

vi(vim)を覚える理由

Linuxにあるファイルを自由に編集できるようになるためにも、vi(vim)の操作を覚えることは必須です。

もちろん、ほかのテキストエディタをLinuxにインストールしている場合は、viにこだわる必要はないでしょう。

ですが、本番環境など多くの人が利用するLinuxでは、個人で使っているエディタなどのインストールが禁止されている場合が多いです。

基本はローカル環境で自分の好きなエディタを使って開発すると思いますが、本番環境のファイルを直接触る場面も出てくると思うので、vi(vim)の操作もある程度は知っておいたほうが安心です。

キツネ

最低限のvi操作はできるようにしておこう!

vi(vim)の基本操作

vi(vim)は、ほかのテキストエディタに比べ、独特な操作になっているため、慣れるまでに少し時間がかかります。

なので、ここから先は「最低限、覚えたほうがいい操作コマンド」に絞って紹介していきます。モード名に関してはvimに合わせて解説します。

まずは、以下のようにLinuxでファイルを開いてみましょう。

viでファイルを開く
$ vi ~/test_file

キツネ

viを起動した直後は「ノーマルモード」だよ!

インサートモード時の操作

インサートモードでは、ファイルに文字を入力することができます。

インサートモードに切り替え

押されたキーによって、インサートモード切り替え時のカーソル位置が変わります。

  • 「i」:カーソルの位置で切り替え
  • 「I」:カーソルの行頭で切り替え
  • 「a」:カーソルの右側で切り替え
  • 「A」:カーソルの行末で切り替え

だいたいは「i」を使えばなんとかなりますが、行末に文字を入力する場合だけは「a」か「A」を使う必要があります。

ノーマルモード時の操作

ノーマルモードでは、カーソルの移動やコピペなどの操作ができます。

ノーマルモードに切り替え

ノーマルモードに切り替えたい場合は、「Esc」キーを押します。

  • 「Esc」:ノーマルモードに切り替え

キツネ

なんか動かないってときも、とりえあず「Esc」を押すといいよ!

カーソル移動

「h」「j」「k」「l」キーを使って、上下左右にカーソルを動かします。

  • 「h」:←(左)
  • 「j」:↓(下)
  • 「k」:↑(上)
  • 「l」:→(右)

キツネ

viは右手だけでカーソル移動ができるね!

削除(カット)

文字を削除したい場合は、以下のキーを入力します。

  • 「x」:カーソルの文字を削除
  • 「dd」:カーソルのある行をカット

コピー

1行まるっとコピーしたい場合は、「yy」を入力します。

  • 「yy」:カーソルのある行をコピー

範囲選択は「ビジュアルモード」を使えばできますが、マウスを使ってコピーする方法でも逃げれます。

貼り付け

コピーやカットしたテキストを貼り付けたい場合は、「p」を押します。

  • 「p」:カーソルの右側に貼り付け

キツネ

「dd」や「yy」と組み合わせて貼り付けよう!

取り消し

1つ前の編集を取り消したい場合は、「u(undo)」を押します。

  • 「u」:取り消し

コマンドモードの操作

コマンドモードは、ファイルの検索や保存、vimの終了などの操作ができます。

コマンドモードに切り替え

コマンドモードに切り替えたい場合は、以下のキーを押します。

  • 「/」:「/(スラッシュ)」に続く文字を検索
  • 「:」:「:(コロン)」に続くコマンドを実行

キツネ

押されたキーや、続くコマンドによって動きが変わるよ!

検索

ファイル内のテキストを検索したい場合は、「/」のあとに「検索したいキーワード」を入力します。

  • 「/keyword」:keywordを検索

入力後は、「n」と「N」を使って検索箇所に移動できます。

  • 「n」:次の検索
  • 「N」:前の検索

キツネ

目的の場所まで移動したい場合にも便利だよ!

保存と終了

ファイルを保存したい場合は「:w」、viを終了したい場合は「:q」を押します。

  • 「:w」:ファイルを保存
  • 「:q」:viを終了
  • 「:wq」:ファイルを保存してviを終了
  • 「:q!」:viを強制終了

キツネ

「:q!」は編集を強制キャンセルしたい場合に使うよ!

まとめ

vi(vim)での基本操作は、Webエンジニアであれば切り離すことができないスキルの1つです。

ここで紹介した操作くらいは、最低でも覚えるようにしましょう。

キツネ

といっても、Linuxを触っていれば嫌でも覚えるんだけどね!

ちなみに、メインで使うテキストエディタに迷っている方は「Webプログラマー必見!おすすめのテキストエディタ3選!」も読んでみてくださいね。

テキストのコピーはできません。