【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを更新中!

【エンジニア目線で比較】プログラミングスクールのおすすめと選び方

プログラミングスクールのおすすめの選び方

おすすめのプログラミングスクールを紹介する前に、1つだけ注意点があります。

それは、「プログラミングスクールに通っていても勝手にスキルアップはしない」ということです。

これは他の習い事でも同じだと思いますが、本当に「できるようになりたい!」と思ったら、空いている時間を利用して自分で頑張る必要があります。

そこでサボってしまうようでは、どんなに充実した教育や教材であってもまったく意味がありません。

プログラミングスクールは、あくまで「あなたのスキルアップをサポートしてくれるもの」だということを忘れないでください。

そして、「なりたい自分」をしっかりイメージしてモチベーションを上げておきましょう!

「フリーターから一発逆転を狙いたい!」

「プログラミングを覚えて副業で稼ぎたい!」

「フリーランスになって自由な生活がしたい!」

なんでも構いません。その想いを絶対に忘れないことがプログラマーへの近道です。

キツネ

プログラミングを学ぶうえで1番大切なのはモチベーションだよ!

では、本題のプログラミングスクールの流れやメリット、選び方について見ていきましょう!

「そんなことよりも早くおすすめスクールが知りたい!」って方のために、簡単にまとめたものを紹介しておきます。

  • CodeCamp」…オンラインプログラミングレッスン満足度No.1!コスパもNo.1!
  • TechAcademy」…コースが豊富でお得なセット割引がある!時間のある人向け!
  • DMM WEBCAMP」…教室に通い放題!質問し放題!転職保証まで付いた最強スクール!

「スクールの比較」までスキップ

プログラミングスクールはオンライン通信が主流

まずは、プログラミングスクールのシステムについて知っておきましょう。

「スクール」と聞くと、どうしても「通うもの」というイメージがありますが、プログラミングスクールはオンライン通信で受講するものがほとんどです

オンラインということは、家にいながらでもプログラミングを学べるということなんですよね。

時間や場所に縛られることなく、自分の好きなタイミングでプログラミングを勉強できるので、働きながら学びたいという社会人の方にもおすすめです。

プログラミングスクールの受講は以下のような流れが多くなっています。

  1. 基本はパソコンからオンライン教科書を使って学習
  2. 教科書を進めていてわからないところがあればオンラインレッスンを予約
  3. ビデオ通話やオンラインチャットを利用して講師から教えてもらう

期間はスクールによっても違いますが、それなりのアプリを作るためには最低でも2ヶ月くらいは必要です。

僕が講師として新人教育をしたときでも、Twitterアプリを作るまでにやっぱり2ヶ月くらいはかかりましたしね。

たまに受講生の声などで「1ヶ月で転職できちゃいました!」みたいな宣伝をしているスクールがありますが、かなり怪しいです。

どんなに頑張っても本当の初心者が1ヶ月で実用的なスキルまで持っていけるとは思えません。

おそらく、まったくの初心者ではないか、運よく転職できたとしても技術力が足りずに苦労しているはずです。

あと補足ですが、ビデオ通話のときに自分の顔を見せたくない方はカメラをOFFにしても大丈夫です。

プログラミングスクールに必要なもの

オンライン上で受講できるかわりに、以下が必要になってきます。

  • パソコン
  • ネット環境

もしパソコンを持っていないのでしたら、この機会にノートパソコンを買ったほうがいいかもしれません。

パソコンはあって困るようなものではないですし、何よりプログラマーになったら自分のパソコンは持っておいたほうがいいです。

また、自宅にネット環境を用意することが難しい方は「モバイルWiFi」がおすすめです。

僕もモバイルWiFiを使っていますが、工事も不要なため待つ必要もなく、モバイルWiFiが届いたその日からすぐに使えるのが魅力です。

ちなみに僕は動画もオンラインゲームもバリバリやりますが、問題なく使えています。

【公式サイト】SPACE Wi-Fi

プログラミングスクールをおすすめする理由

僕が独学ではなく、プログラミングスクールをおすすめする理由はいくつかあります。

  • 社会人も時間の調整がしやすい
  • 地方に住んでいても受講できる
  • 挫折しづらい
  • 講師とマンツーマン
  • 転職支援がある
  • 制作物を転職でアピールできる

社会人もオンラインなら夜間に学習できる

社会人になると仕事の都合などもあり、決められた時間、決められた場所に足を運ぶことが難しい場合もありますよね。

でも、オンラインで受講できるプログラミングスクールであれば、仕事が終わった夜間や出社前のスキマ時間を使って受講することができます。

もちろん、社会人に限らず学生の方も、学校に行く前や帰ってからの時間を有効利用できるので、自分のペースで進められます。

地方に住んでいても受講できる

オンラインスクールであれば通学する必要もないため、東京に限らずどこでも受講できます。

ここでしっかりとプログラミングスキルを身につければ、それを武器に上京することもできちゃいます。

キツネ

地方に住んでいたって全然大丈夫だよ!

挫折しづらい

独学でプログラミングを勉強していると、「なぜこうなるのかわからない…」と、答えを見つけられないことで挫折しそうになります。

もし、ここで挫折して本当に勉強をやめてしまったらそれまでの時間が無駄になってしまいます。

ですが、スクールであれば講師にわからないところを質問したり、今後の勉強法についてもアドバイスをもらえるので継続しやすいという特徴があります。

プログラミングスクールは塾や予備校と同じで、挫折せずに自分のモチベを維持し続けるための環境でもあるのです。

講師とマンツーマン

僕も未経験プログラマーの教育担当をやっているからわかりますが、講師とのマンツーマンレッスンはとっても魅力的です。

だって、講師の時間を独り占めできるんですから!

わからないことや知りたいことを、誰にも気を遣わずに好きなだけ聞ける環境って、独学では絶対に用意できないんですよ。

また、独学では知りえない情報も教えてくれたりもします。たとえば、実際に現場で使えるスキルや考え方などですね。

講師に相談することで、自分の知りたいこと以上の情報を教えてもらえるのは魅力的です。

キツネ

スクールの先生は、Google先生よりも親切なんだよ!

転職支援がある

プログラミングスクールには、転職支援などのサポートがあります

転職先の紹介やアドバイスなどをもらえるので、エンジニアを目指している方にはとても魅力的な特典です。

スクールを卒業したあと、具体的にどのように転職活動をしたらいいのか?

右も左もわからない未経験者にとっては、とても心強いはずです。

また、転職先を紹介してくれることもあるので、気に入った企業があれば、応募することもできます。

キツネ

企業もスクール利用者のスキルを知っているから内定をもらいやすいよ!

制作物を転職でアピールできる

プログラミングスクールであなたが得られたものは、プログラミングスキルだけではありません。

あなたが開発した制作物(アプリやシステム)の存在も大きいです。

その制作物を未経験採用をしている企業に見せれば、高い確率で内定をもらえます。

キツネ

このアプリがあるのとないのとでは、反応が全然違うよ!

プログラミングスクールを比較して選ぶ

プログラミングスクールの選び方について紹介します。

スクールを選ぶ際には、以下のポイントを比較して考えると決めやすいです。

  • 受講料
  • 受講期間
  • レッスン回数
  • 時間帯
  • 講師の選択
  • コースの種類

そこで、3つの有名なプログラミングスクールを比較してみました!

下の表は、「CodeCamp」「TechAcademy」「DMM WEBCAMP」でRubyを受講する場合の最低プランを載せています。

スクールCodeCampTechAcademyDMM WEBCAMP
受講料148,000円139,000円628,000円
期間60日間4週間3ヶ月
回数(1回の時間)20回(40分)7回(30分)無制限
時間帯7:00〜23:4015:00〜23:0011:00~22:00
講師選べるランダムランダム
オンラインありありあり
オフライン(教室)なしなしあり(利用し放題)
就職支援ありありあり
コース選択制選択制独自カリキュラム
転職サポートありありあり(返金制度あり)

CodeCamp

CodeCamp

引用:https://codecamp.jp

CodeCampを見てみると、最低でも約2ヶ月間のプランからしか受講できません。

ですが、しっかりプログラミングを学ぶのであれば最低2ヶ月は必要なため、特に問題はないですね。

そこで、CodeCampと同じオンライン専用スクールである「TechAcademy」の8週間プランを比較対象に考えてみます。

  • CodeCamp」…期間「60日間」、受講料「14,8000円」、受講回数「20回」
  • TechAcademy」…期間「8週間」、受講料「18,9000円」、受講回数「15回」

単純に上の比較だけ見ると、CodeCampのほうがお得そうに見えますね。

もちろん、スクールごとにレッスンの内容も違いますし、金額や回数での単純比較なので参考程度にしかなりませんが、CodeCampのほうが時間帯にも幅があり、受講しやすいところにも軍配が上がるといった感じです。

そして、僕の中でやっぱり大きいのは、この「講師を選べる」ところです。教える側と教えられる側の相性が悪いと、スクールを利用すること自体が嫌になるかもしれませんしね。

【公式サイト】CodeCamp

キツネ

やっぱり安くてレッスン回数も多いとお得感があるよね!

TechAcademy

TechAcademy

引用:https://techacademy.jp

TechAcademyの魅力はというと、とにかく受講できるコースが豊富なことや、複数のコースをまとめて申し込める「セット割」があることです。

セット割だけでなく、計15コースを約半年間、毎日チャットや課題レビューなどが受けられる「ウケ放題」なんてサービスもあります。

より多くのコースを受けたい方や、平日などもプログラミングの勉強に時間をガッツリつかえる方は「TechAcademy」がおすすめです。

【公式サイト】TechAcademy

キツネ

本当に黙々と勉強したい人向けだね!

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPサイト画像

DMM WEBCAMPは、オンライン・オフラインどちらでも学習できる「転職保証付き」プログラミングスクールです。

そしてハッキリ言います、「DMM WEBCAMP」はほかのスクールに比べて少しお高いです。

ですが、これは「DMM WEBCAMP」がほかのスクールと比べ、かなり充実しているからという理由があります。

  • 教室に通い放題(渋谷、新宿、難波)
  • メンターに質問し放題
  • チーム開発を経験できる
  • サービスの企画、設計、開発、リリースなど実際の業務に近い工程を経験できる
  • 3ヵ月でやり切る短期集中型
  • 転職サポートが5ヶ月間もある
  • 転職成功率が98%と高い(2019/4時点で業界最高水準)
  • 全額返金制度がある

正直言って、DMM WEBCAMPはエンジニア教育をしている僕からみても「かなり贅沢な環境」だといえます。

自分の部屋では集中できない方にとって、「教室に通い放題」や「講師に質問し放題」はかなり嬉しいポイント。

このような学習環境であれば、途中でつまずいて挫折することも少ないですし、実際のエンジニア業務を疑似体験できるので、転職後も比較的スムーズに業務へ入れます。

エンジニアに転職できなければ「全額返金」と強気に出られるのも、学習カリキュラムや転職サポートに自信があり、実際に「転職成功率98%」と高い成果を出しているからこそ。

また「DMM」は他のスクールと比べて知名度が高いため、転職先の採用担当にも話が伝わりやすいことも魅力の1つです。

まとめると、東京や大阪付近に住んでいる「絶対にエンジニアになりたい!」という方は「DMM WEBCAMP」がおすすめってことですね。

ちなみに、DMM WEBCAMPは経済産業省認定スクールに指定されていることもあり、教育訓練給付金(最大70%)が支給されるケースもあります。

自分が対象かどうか気になる方は、一度DMM WEBCAMPに問い合わせてみるといいでしょう。

【公式サイト】DMM WEBCAMP

キツネ

「何がなんでもエンジニアになりたい!」って人向けのスクールだよ!

目指すエンジニアからコースを選ぶ

利用したいプログラミングスクールが決まったら、次はコースを決めましょう。

コースを決めるときは、「自分がどんなエンジニアになりたいか」を考えることが大切です。

ここでは、「Webエンジニア」と「ゲームプログラマー」それぞれのコースの選び方を紹介します。

Webエンジニアを目指すなら「Ruby」がおすすめ

Webエンジニアを目指すのであれば、「Ruby」を学べるコースがおすすめです。

Rubyには「Ruby on Rails(通称:Rails)」というフレームワークがあり、この仕組みを覚えることで転職時に大きなアドバンテージが得られます。

フレームワークを扱うスキルは、実際の業務でもほぼ必須であり、早い段階から覚えておきたいスキルの1つなんですよね。

ほかの言語やフレームワークが悪いわけではありませんが、RubyやRailsほどシンプルかつ直感的にプログラミングできるものはありませんし、何よりRubyでのプログラミングは書いていて楽しいです

途中で挫折しないためにも、まずは「楽しさ」を知ることが重要だと僕は考えています。ほかの言語習得は、正直Rubyのあとでもまったく問題ありません。

さきほど紹介した以下のスクールであれば、どこも「Ruby on Rails」を扱っているので、安心して選んでくださいね。

  • CodeCamp」…オンラインプログラミングレッスン満足度No.1!コスパもNo.1!
  • TechAcademy」…コースが豊富でお得なセット割引がある!時間のある人向け!
  • DMM WEBCAMP」…教室に通い放題!質問し放題!転職保証まで付いた最強スクール!

キツネ

いまは「Ruby on Rails」がわからなくてもスクールで学べるから大丈夫!

ゲームプログラマーを目指すなら「Unity」がおすすめ

ゲームプログラマーを目指すのであれば「Unityコース」がおすすめです。

Unity(ユニティ)とは、ゲームを作るために必要なツールがまとめられた「ゲームエンジン」と呼ばれるもので、PCゲームやPS4などのゲームもこの「Unity」で作られているものが多いです。

僕もUnityを使ったことがありますが、プログラミングせずにマウスを使うだけでも、色々なものが作れてとっても面白い!

モチベーションを維持する意味でも、Unityは非常におすすめです。

もちろん、細かい動きや設定は「C#」というプログラミング言語を使うため、プログラミングの学習もしっかりできるので安心してください。

キツネ

「ポケモンGO」や「ドラクエVIII」もUnityで作られてるよ!

プログラミングスクールのランキングや評判は参考程度に

プログラミングスクールを探していると、ランキング形式や口コミ(レビュー)などの評判を集めた記事を見かけます。

これらを参考にして考えることも大切ですが、すべて鵜呑みにすることだけはおすすめできません。

レビューを鵜呑みにすると「1位で紹介されてたプログラミングスクールに通ったのに合わなくてツライ…」と挫折することもあるからです。

スクールによってコース内容も違いますし、人によって合う合わないだってあります。

また、口コミ(レビュー)サイトなどの評判を見ても、「担当講師との相性による部分が大きい」というのが僕の見解です。

キツネ

そもそもランキングで2位以下を選ぶ人なんていないのに、なぜ紹介しているのかを考えよう!

ここで大切なのは、まわりの情報に流されずに自分のやりたいことができるスクールを探すこと

気になったスクールがあれば、とりあえず無料体験や無料相談をしてみて、しっかり話を聞いてみてください。

そこで、スクールの対応や講師の丁寧さなどを感じ取って、あなたに合った1位のスクールを選びましょう。

いくつ申し込んだって「無料」なのでお金はかかりません。それくらい慎重に選ぶことが大切です。

無料のプログラミングスクールがおすすめできない理由

「お金がないから無料のスクールを利用したい」と考えている方もいるでしょう。

ですが、無料のプログラミングスクールを僕はおすすめできません。

なぜなら、プログラミングスクールもビジネスであり、無料の裏には必ず「からくり」が存在するからです。

ビジネスの仕組みは簡単で、「スクール側は提携している企業へ、受講生を強制的に転職させることで紹介料をもらう」というシステムになっています。

そのため、年齢に制限があったり、自分が身につけたいスキルとは別のコースしか受講できなかったりと、提携企業の条件に合わせた方針が基本となります。もちろん、転職先の選択肢が少ないのは当たり前ですね。

さらにいうと、その少ない提携企業に転職できなければ、受講料は免除になりません。

僕が何を伝えたいのかというと、「無料プログラミングスクールはあなたのことを真剣に考えてはいない」ってことです。

キツネ

コースも選べないのに受講料を取られるなんて最悪だよ!

申し込むなら早いほうがいい理由

プログラミングスクールに申し込むかどうかで迷っているのであれば、とりえあえず「無料体験」や「無料相談」に申し込んでしまったほうがいいです。

なぜなら、考えていても現状はまったく変わらないからです。

気軽に申し込んでみて、合わなければそこで終わりにすればいいだけ。

各プログラミングスクールも、年々エンジニアの需要が高くなるにつれて「値上げ」状態が続いているので、遅くなれば遅くなるほど損をしてしまいます。

気になるなら、まずは動きましょう!

べつに無料体験や相談だけで終わったっていいんですから。

行動しないことには、その判断すらできないんです。大きな1歩じゃないですか。

「申し込むかどうか」の悩み疲れから早く解放されましょう。

キツネ

迷うくらいならやってみてスッキリしよう!

さいごに:迷うくらいならやってみよう!

独学も悪くないのですが、スキルアップまでにどうしても時間がかかりますし、それまでのモチベーションを維持し続けるのも大変です。

プログラミングスクールなら、わからないところも講師に気軽に相談できますし、より実践向きのスキルを学べるなどの魅力もあります。

もちろん、プログラミングスクールは受講料かかりますが、だいたいの方はクレジットカードで分割払いです。

それでも、早くエンジニアになってお金を稼げば、スクール代を返せるところにメリットがあると僕は思っています。

独学で2か月頑張ったのに、先に進めなくて途中で投げ出したら、かけた時間がもったいないですからね。

迷うくらいなら無料体験や無料相談をしてみて、合わなければ独学で頑張ればいいのです。

「絶対にプログラミングできるようになりたい!」

「エンジニアに転職して年収を上げたい!」

「フリーランスになって自由を手に入れたい!」

あなたの思い描く「自由な働き方」が、1番早く手に入る方法を選びましょう!

  • CodeCamp」…オンラインプログラミングレッスン満足度No.1!コスパもNo.1!
  • TechAcademy」…コースが豊富でお得なセット割引がある!時間のある人向け!
  • DMM WEBCAMP」…教室に通い放題!質問し放題!転職保証まで付いた最強スクール!
テキストのコピーはできません。