【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

【2019】Google Search Consoleの登録方法をサーバー別に紹介!

【2019】Google Search Consoleの登録方法をサーバー別に紹介!

2019年2月から、「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」に新たな登録方法が追加されました!

以前は、以下の4パターンそれぞれをプロパティに追加する必要があり、すこし大変でした。

  • http://domain
  • https://domain
  • http://www.domain
  • https://www.domain

ですが、新しく追加された登録方法であれば、1度の登録で上のパターンすべてを網羅できるようになったのです。

ちなみに「Google Search Console」の登録方法は、WordPressがインストールされているレンタルサーバーによっても違うので注意が必要です。

この記事では、以下のレンタルサーバーを対象にした設定方法をそれぞれ紹介していきます。

  • XSERVER(エックスサーバー)
  • ConoHa WING(コノハウィング)

キツネ

めちゃくちゃ簡単だからサクッとやってしまおう!

【2019】Google Search Consoleのプロパティ登録方法

Google Search Consoleにプロパティを登録する方法は、以下のステップでおこないます。

  1. Google Search Consoleの「DNSレコード」をコピー
  2. レンタルサーバーに「DNSレコード」を設定
  3. Google Search Consoleの登録確認

1. Google Search Consoleの「DNSレコード」をコピー

STEP.1
【Google Search Console】公式サイトにアクセス

【Search Console】初回画面

  1. Google Search Console」にアクセス
  2. 「今すぐ開始」をクリック
STEP.2
【Google Search Console】登録方法を選択

【Search Console】登録方法選択画面

  1. 「ドメイン」にドメインURLを入力
  2. 「続行」をクリック
STEP.3
【Google Search Console】DNSレコードをコピー

【Search Console】DNSレコード確認画面

  1. 「コピー」をクリック

キツネ

この画面はあとで使うよ!そのままにしておいてね!

2. レンタルサーバーに「DNSレコード」を設定

DNSレコードをコピーしたあとは、レンタルサーバーの設定をおこないます。

  • XSERVER(エックスサーバー)
  • ConoHa WING(コノハウィング)

ここからは、上のうち自分が利用しているレンタルサーバーの設定方法を読み進めてください。

「XSERVER(エックスサーバー)」の設定方法

STEP.1
【XSERVER】DNSレコード設定画面を開く

【XSERVER】DNSレコード項目選択画面

  1. 「DNSレコード設定」をクリック
STEP.2
【XSERVER】DNSレコードを追加するドメインを選択

【XSERVER】DNSレコード選択画面

  1. 「選択する」をクリック
STEP.3
【XSERVER】DNSレコードを登録

【XSERVER】DNSレコード登録画面

  1. 「DNSレコード追加」をクリック
  2. 「ホスト名」は必要があれば入力(通常は空白)
  3. 「種別」に「TXT」を選択
  4. 「内容」にコピーしたDNSレコードを貼り付ける
  5. 「優先度」はデフォルトの「0」
  6. 「確認画面へ進む」をクリック
STEP.4
【XSERVER】DNSレコードを確認

【XSERVER】DNSレコード確認画面

  1. 「追加する」をクリック
STEP.5
【XSERVER】DNSレコードの登録完了!

【XSERVER】DNSレコード完了画面

上のような画面が表示されていれば、XSERVER側のDNSレコード設定は完了です。

次は、さきほどの「Search Console」の画面で、作業の続きをおこないます。

「Search Console」の設定へスキップ

「ConoHa WING(コノハウィング)」の設定方法

STEP.1
【ConoHa WING】DNSレコードを登録

【ConoHa WING】DNSレコード登録画面

  1. 「DNS」をクリック
  2. 「独自ドメイン」をクリック
  3. 「えんぴつアイコン」をクリック
  4. 「+」をクリック
  5. 「タイプ」に「TXT」を選択
  6. 「値」にコピーした「DNSレコード」を貼り付ける
  7. 「保存」をクリック
STEP.2
【ConoHa WING】DNSレコードの登録完了!

【ConoHa WING】DNSレコード登録完了画面

上のような画面が表示されていれば、ConoHa WING側のDNSレコード設定は完了です。

次は、さきほどの「Search Console」の画面で、作業の続きをおこないます。

キツネ

次でラストだよ!!

3. Google Search Consoleで「ドメイン所有権」を確認

最後に「Google Search Console」に戻って、DNSレコードが反映されているかどうかを確認しましょう。

STEP.1
【Google Search Console】ドメイン所有権の確認

【Search Console】DNSレコード確認画面

  1. 「確認」をクリック
STEP.2
【Google Search Console】ドメイン所有権の確認エラー

【Search Console】DNSレコード確認エラー画面

  1. 「OK」をクリック
  2. 時間をおいてから再度挑戦する

「確認」をクリックすると、おそらく上のようなエラー画面になった方が多いのかなと思います。

これは、画面に書いてあるように「DNSの変更が反映されるまでに時間がかかる」ため、少し時間をおいてから再度試してみてください。

キツネ

といっても、数十分くらいだよ!
STEP.3
【Google Search Console】ドメイン所有権の確認完了!

【Search Console】DNSレコード確認完了画面

  1. 「プロパティに移動」をクリック

上のような画面が表示されていれば、DNS変更が反映されています。

プロパティに移動すると、登録したドメインに関連する情報が見られるようになります。

キツネ

おつかれさまでしたっ!

まとめ

「Search Console」の新しい登録方法について紹介しました。

次は、この「Search Console」を使って、ブログの検索順位などを確認してみましょう。

キツネ(@kitaaaa_kitsune)でした!

【無料】Search Consoleとは?検索順位チェックツールの使い方【無料】Search Consoleとは?検索順位チェックツールの使い方
テキストのコピーはできません。