【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【Ruby入門】初心者向けプログラミング勉強法と学習ステップ

【Ruby入門】初心者向けプログラミング勉強法と学習ステップ

Webエンジニアを目指すのであれば、Rubyの勉強は非常におすすめです。

ただ、おすすめされたRubyをそのまま勉強するのではなく、Rubyのどこがいいのか、ほかの言語と比べてどのような違いがあるかくらいは知っておいたほうがいいでしょう。

また、Rubyを本や学習サイトで勉強したあとは、実際にLinux環境にRubyをインストールして使ってみることも重要です。プログラムが動く仕組みを理解できます。

ちなみに、Ruby環境はWindowsでも構築できますが、実際の業務ではLinux環境が圧倒的に多いため、いまのうちにLinux環境に慣れておくことがベストです。

Rubyの勉強が一通り終わったら、Rubyのフレームワークである「Ruby on Rails(通称:Rails)」にも挑戦してみましょう。

RailsもLinux環境に構築し、実際にRailsでWebサイトを作ってみることで大きく成長できます。

この記事ではRubyの入門として、RubyやRailsの特徴や勉強方法、その後のステップアップである環境構築などについて学習していきます。

キツネ

Rubyを使いこなして、自作アプリを開発しよう!

【STEP.1】RubyとPHPの違いを勉強する

初心者が初めてプログラミング言語を勉強するのであれば、「Ruby(ルビー)がおすすめ」とよくいわれています。

ですが、なぜ「Ruby」がおすすめなのでしょうか?

また、ほかの言語と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

特に、Web系プログラミング言語で人気である「Ruby(ルビー)」と「PHP(ピーエッチピー)」との違いも事前に確認しておきましょう。

RubyとPHPの違いを勉強するステップ

  1. Rubyの特徴
  2. PHPの特徴
  3. 難易度や将来性の違い
  4. 言語の選び方
RubyとPHPはどっちを選ぶ【初心者】RubyとPHPどっちを選ぶ?違いや難易度を比較してみる!

【STEP.2】Rubyが初心者におすすめな理由を知る

「なぜRubyが初心者におすすめされているのか?」についても知っておきましょう。

Rubyエンジニアになるメリットなども、さきに知っておくと勉強が楽しくなりますよ。

Rubyの特徴を勉強するステップ

  1. Rubyがおすすめされる理由
  2. Rubyが実用的な理由
初心者はRubyプログラミング初心者こそRuby言語がおすすめ!楽しむことが重要!

【STEP.3】Rubyの勉強方法と学習時間を知る

Rubyに限らず、プログラミングを勉強する方法は2つあります。

それは、「独学で勉強する」か「スクールを利用する」かです。

独学で勉強する

独学の場合、「本」「学習サイト」「動画」などを利用して、自分の力だけで勉強していく必要があり、根気よく時間をかけて勉強することになります。

プログラミングの学習時間は200時間~300時間といわれていますが、個人差があるため、詰まってしまうとさらに時間が必要になり、挫折しやすいといったデメリットがあります。

プログラマーの独学勉強法プログラミングの独学勉強法!やり方をプログラマーの僕が全て答える

スクールを利用して勉強する

スクールを利用して勉強する場合は、学習カリキュラムが決まっており、わからないところは講師に質問しながら学ぶことができるため、比較的スムーズに学習できます。

また、転職サポートも受けられるため、独学に比べて短期間で転職に繋がりやすいというのも大きな魅力です。もちろん、デメリットは受講料がかかるという点になります。

プログラミングスクールのおすすめの選び方【エンジニア目線で比較】プログラミングスクールのおすすめと選び方

おすすめの勉強法

おすすめの勉強法は、やはりプログラミングスクールです。

たしかに受講料は必要ですが、それでも挫折せずに早くスキルアップできるメリットは大きいです。

また、短期間でエンジニアを目指せるので、「早く稼いでスクール代を回収する」といったことができます。

独学で勉強するかスクールを利用するかは、以下の記事も参考にしてみてください。

未経験からWebエンジニアになるには【最短】未経験からWebエンジニアになるには?【10のステップ】

キツネ

何より途中で挫折するのが1番もったいないよ!

【STEP.4】Rubyをインストールする

Rubyを一通り勉強したあとは、LinuxにRubyをインストールしてみましょう。

このLinuxは、実際にWebエンジニアが業務で使っている環境と同じになります。

Rubyのインストールには、バージョンを簡単に切り替えられる「rbenv」というツールを使うのがポイントです。

環境ができたら、自分の作りたいものを作ってみたり、よりスキルアップできるよう勉強に励んでください。

もし、何をしていいのかわからないのであれば、次の「Rails」の勉強に入ってみてもいいでしょう。

Ruby環境を構築するステップ

  1. RubyをLinuxにインストールする理由
  2. rbenvの特徴と使い方
Rubyのインストール超便利!rbenvを使ってLinuxにRubyをインストールしよう!

【STEP.5】Ruby on Railsとは何かを勉強する

Rubyのフレームワークである、「Ruby on Rails(通称:Rails)」について勉強しましょう。

Railsを使いこなせるようになれば、自分の作りたいWebサイトを簡単に(効率的に)開発できるようになります。

まずは、Railsを使う前に知っておいほうがいい用語について学習するところから始めましょう。

Ruby on Railsの概要を勉強するステップ

  1. Ruby on Railsの概要
  2. RubyGemsの概要
  3. Bundlerの概要
  4. Pumaの概要
  5. Rackの概要
  6. Nginxと連携する理由
Ruby on RailsとはRuby on Railsとは?GemやBundler、Puma、Ruckなどをまとめて解説

【STEP.6】RailsをCentOSにインストールする

Railsの事前知識を身につけたあとは、実際にRailsをインストールして使ってみましょう。

ここでは、Linux(CentOS)にRailsをインストールして、初期画面を表示させるところまで解説します。

Railsの実際の使い方については以下の方法で勉強できるため、ここでは触れません。

Ruby on Rails環境を構築するステップ

  1. Railsのインストール
  2. Railsアプリの作成と起動
  3. Railsアプリのアクセス方法
Ruby on Railsのインストール【CentOS7】Ruby on Railsのインストールから起動まで解説【MySQL】

まとめ

ここまで、RubyやRailsの特徴、環境構築の方法などを紹介しました。

とくに最後のRails環境の構築は、初心者にとって少し難しい内容だったかもしれません。

ですが、自分がプログラミングする環境を自分で用意できなければ、「Webエンジニアとして認めてもらえない」のが現状です。

厳しいようですが、Webエンジニアはプログラミングができるだけでは務まりません。

Webエンジニアには、ネットワークやインフラ、セキュリティなどの幅広い知識が必要になります。

実際の業務でも、自分が使う開発環境などは自分で用意することが当たり前になっていることも多いのです。

プログラミングスキルも大切ですが、このようなインフラまわりについても、しっかり勉強しておきましょう。

もし、ここまで読んで「難しい!わからない!」というのであれば、プログラミングスクールも考えてみてください。

スクールでは、わからないことがあっても講師に気軽に質問できるので、挫折することなくスキルアップできます。

わからないことは、誰かに聞かない限りわからないものですからね。

スクールを利用して学習時間を短縮し、早くWebエンジニアになりましょう。

稼げるようになれば、スクールのお金もすぐに取り戻せます。

テキストのコピーはできません。