【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【プログラミング入門】初心者向けおすすめ学習【基本と基礎知識】

【プログラミング入門】初心者向けおすすめ学習ステップ

プログラミング初心者の方が、プログラミングの基礎知識を体系的に学習するための入門用記事として書きました。

本腰を入れてプログラミング学習を始める前に、まずはここで紹介する記事を読んでみてください。

プログラミングの概要から、プログラミング言語に関係なく必要な基礎知識を学習することができます。

ただ読むだけなので、手を動かす必要はありません。まずは気楽に読んでみて、自分1人で理解できるかを確認してみてください。

書いてあることが何となくでもわかれば、プログラマーに向いていると思います。自信を持ってくださいね。

独学で勉強するか、プログラミングスクールを利用するかなどの学習方法については、そのあとに考えましょう。

キツネ

まずは、プログラミングが自分に合っているかどうかを見極めるのが先だね!

【STEP.1】プログラミングの基本を理解する

プログラミングとは、プログラミング言語を使ってコンピュータに命令することです。

プログラミング言語とは、人間とコンピュータが会話するのに必要な言語で、たくさんの種類があります。

これらのプログラミング言語を使って作られたものが「プログラム」です。

パソコンやスマホのOS(WindowsやMac)、Webサイト、ゲーム、人工知能など、どれもプログラムされたものです。

ここでは、そんなプログラムを作るための「プログラミングの基本」について紹介します。

プログラミングを理解するステップ

  1. プログラミングとは
  2. プログラミング言語とは
  3. プログラミングで何ができるのか
  4. プログラミングのやり方
  5. プログラミング処理の種類
プログラミングとはプログラミングとは?初心者にもわかりやすく簡単に説明するよ!

【STEP.2】変数の基礎を学習する

プログラミング言語はいくつもありますが、言語に関係なくほぼすべてのプログラミングで「変数」を使います。

変数と聞くと、数学で出てくる変数を思い浮かべてしまうかもしれませんが、別物なので数学のことは忘れてください。

よくプログラミングの世界では、変数を「箱」として例えることが多いです。

ここでは、この慣習にならって、どのようにプログラミングのなかで「箱(変数)」を使っていくのかを学習します。

変数の基礎を学習するステップ

  1. 変数とは
  2. 変数の使い方
  3. 変数名のつけ方
  4. 変数の型
  5. 変数の宣言と初期化
  6. 変数と定数の違い
変数とはプログラミングの変数とは?初心者にもわかりやすく解説!

【STEP.3】配列の基礎を学習する

変数の基礎が理解できたら、次は「配列」について学習しましょう。

配列とは、簡単にいうと変数の集合体のことです。

さらに、配列には「二次元配列」、「多次元配列」、「連想配列(ハッシュ)」と呼ばれるものがあります。

これら配列の解説は、下の記事で詳しく紹介していますので、しっかり勉強しましょう。

配列の基礎を学習するステップ

  1. 配列とは
  2. 配列の添え字と要素
  3. 配列の使い方
  4. 配列の宣言と初期化
  5. 配列の格納と出力
  6. 二次元配列と多次元配列
  7. 連想配列(ハッシュ)とは
プログラミングの配列とはプログラミングの配列は変数の集合体!添字や要素も一緒に覚えよう!

【STEP.4】関数の基本を学習する

関数とは、簡単にいうと何かしらの処理をまとめたカタマリです。

数学にも関数がありましたが、似てるけど少し違うものなので、思い出す必要はありません。プログラミングの関数を覚えることに集中しましょう。

プログラミングにおける関数とは「自動販売機」みたいなもの。「お金を入れたらジュースが出てくる」仕組みが「関数」なんです。

ここでは、初心者でもわかりやすく学習できるよう、自動販売機と関数を比較しながら解説しています。

関数の基本を学習するステップ

  1. 関数とは
  2. 関数の使い方(定義と呼び出し)
  3. ユーザー定義関数と組み込み関数
  4. 関数の使用例
関数とはプログラミングの関数とは?わかりやすく簡単に解説!

【STEP.5】関数の引数を学習する

関数の基本を理解したら、次は関数の「引数(ひきすう)」について詳しく学習していきます。

関数が「自動販売機」なら、引数は「お金」です。

ここでは、「お金(引数)」の受け渡しについて詳しく解説していきます。

関数の引数を学習するステップ

  1. 引数とは(実引数と仮引数)
  2. 引数の使い方
  3. 引数に配列を渡す
  4. 引数の初期値
  5. 引数のメリット
関数の引数とは関数における引数とは?戻り値との違いをしっかり理解しよう!

【STEP.6】関数の戻り値を学習する

関数の引数と同じくらい重要なのが「戻り値(もどりち)」の存在です。関数における引数が「お金」なら、戻り値は「ジュース」ですね。

ただ、言語によって記述方法が少し違うため、C言語とRuby言語を例にプログラムの比較をしています。

ここまで理解できるようになれば、関数の基礎はバッチリだと思いますよ。

関数の戻り値を学習するステップ

  1. 戻り値とは
  2. 言語による戻り値の違い
関数の戻り値とは関数の「戻り値」って何?C言語とRubyを比較して理解する!

【STEP.7】クラスとインスタンスの基本を学習する

プログラミングにおけるクラスとは、簡単にいうと「設計図」のことです。

設計図があるということは、それを元にして作られるものがあります。それこそが「インスタンス」です。

このクラスとインスタンスの基本をしっかり抑えることで、プログラミングの理解がだいぶ楽になると思います。

クラスとインスタンスの基本を学習するステップ

  1. クラスとは
  2. プロパティやメソッドとは
  3. クラスの使い方
  4. インスタンスの使い方
  5. クラスやインスタンスのメリット
クラスやインスタンスとはプログラミングのクラスやインスタンスとは?簡単に覚えるコツを紹介

まとめ

ここで紹介した知識は、どれもプログラミングの基本中の基本となる知識ばかりです。

ここまで読んで、プログラミングのイメージが何となくでもつかめた方は、プログラマーとして向いているでしょう。

あとは、このまま独学で勉強するか、プログラミングスクールに通ってスキルアップするかを選ぶだけです。

「プログラミングは趣味程度!」という方は、時間はかかりますが、独学での学習もアリです。

プログラマーの独学勉強法プログラミングの独学勉強法!やり方をプログラマーの僕が全て答える

ただし、「早くエンジニアになって稼ぎたい!」と考えている方は、プログラミングスクールを利用して確実にエンジニアを目指しましょう!

プログラミングスクールのおすすめの選び方【エンジニア目線で比較】プログラミングスクールのおすすめと選び方

というのも、独学でのプログラミング学習は難易度がとても高く、心を挫きやすいからです。

「エンジニアになる」という目的をもって勉強を続けるには、長すぎるくらいの時間をかけることになります。

そのため、多くの方がモチベを保てずに投げ出してしまうのです。

本気でエンジニアを目指しているのなら、自分に投資してでも短期間で目標を達成させることが重要になります。

キツネ

独学の場合、1年間毎日勉強し続けるくらいの覚悟が必要だよ!
テキストのコピーはできません。