【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

プログラミングが上達しない?コツは検索スキルを磨くこと!

プログラミングが上達するコツ

プログラミングを勉強していて、「あまり上達してないな」と感じることがあるかもしれません。

コードの意味が理解できなかったり、エラーにハマって抜け出せなかったり。

ですが、それはプログラマーとしてもごく普通のことなので何も気にすることはありません。

僕だって初心者の頃は、コードを読むのに時間がかかりましたし、1つのエラーに何時間もハマったりもしました。

いまだって、日々新しい問題にぶつかっています。

ですが、問題の壁を乗り越えるたびに「自分も成長しているな」と感じています。

これは僕だけではなく、ほかのプログラマーも同じはずです。

つまり、上達しないから壁を乗り越えられないのではなく、乗り越えたから上達したと感じられるんですね。

だから、自分を責めずに壁にぶつかり続けましょう!

ただし、それらの壁を乗り越えるためには「検索スキル」が必要になります。

検索スキルは、わからないことを検索して調べるスキルですが、最初の頃はなかなか身につかないスキルでもあります。

今回は、この検索スキルの磨き方のコツについて紹介していきます。

プログラミングが上達しない理由はあきらめるから

プログラミングが上達しない理由は、目の前の壁に屈してあきらめてしまうからです。

さきほどもお伝えしましたが、目の前の壁を乗り越えられないと、自分のスキルの上達を感じることができません。

特に初心者の頃は、プログラミングを勉強して知識を詰め込んで覚えた気になり、そこで満足しやすいです。

そして、自分の実現したいことをプログラミングしようとすると

「これってどう書けば実現できるのだろう?」

「このエラーはどういう意味?」

と、つまずくことになります。

ですが、これって現役プログラマーも同じなんです。

ただ、現役プログラマーは「いつものこと」と平気な顔して対処するのですが、初心者は「ほんと自分は上達しないな」と追い込んでしまいがちです。

正直、こういうのは慣れなんですよ。

何度も何度も壁にぶつかって、ぶつかり慣れていくものなんです。

だから、壁にぶつかっても「この壁は普通のことで、乗り越えた先に成長がある」と思ってください。

本当のレベルアップは壁を乗り越えた先ってことです。

プログラミング上達のコツは検索スキル

プログラミング上達のコツについても、少しだけ紹介します。

プログラミングに必要なのは「コーディングだけ」と思いがちですが、実は検索スキル(調査スキル)も重要なスキルの1つです。

コーディングしていると、わからないことがたくさん出てきますよね。

それらの答えを暗記することは不可能なレベルの量なので、プログラマーは情報が欲しいタイミングで都度、調べることになります。

そして、そのわからないことを調べるためにGoogleを使い、自分に必要な情報を効率よく取り出すスキルこそが「検索スキル」です。

ただ、この検索スキルは身につけるまで結構な時間がかかります。そのため、初心者の頃は身についてないことがほとんどだと思います。

さらにいうと、この業界では「そのくらいのスキルは自分なりに考えて身につけて」というのが非常に多いです。

「そんな感じで突き放さないで検索のやり方くらい教えたら?」と僕は思うタイプなので、簡単ですが検索スキルの磨き方について紹介します。

検索スキルを磨くためのコツは、以下のステップを意識することです。

  1. 悩んでいることを言語化する
  2. 単語で区切ってググる
  3. 上から順番に記事を見る
  4. 10分間思考停止したら助けを求める

悩んでいることを言語化する

まず「自分が何をしたいのか?」を具体的に説明できるレベルまで言語化しないといけません。

なぜなら、コンピューターは言われたとおりのことしかできないからです。

Googleは人との会話のように、ジェスチャーや過去の記憶、その場の雰囲気を読み取ってはくれません。

つまり、「なんとなく察して!」というのは無理なんです。

そこで、まずは「自分が何をしたいのか?」をしっかり言語化してみましょう。

たとえば、「1(数値)」を文字列に変換したい場合

「1を文字列に変換したい」

と頭に浮かびますよね。

ですが、このままではコンピューターには伝わりません。もっと正確に伝える必要があります。

正しくは

「rubyの数値を文字列に変換したい」

とすることです。

こうしないと、色々な言語の対応方法が検索結果に出てきちゃいますし、「1」という文字を使っている記事は世の中にたくさんあるので、まったく絞れません。

単語で区切ってググる

さきほど言語化した内容の単語だけを取り出し、スペースで区切ってみます。

「ruby 数値 文字列 変換」

この変換はとても簡単ですよね。

あとはこの文章をGoogleで検索するだけです。

上から順番に記事を見る

検索結果が表示されたら上から順に記事を読んでいきましょう。

記事のなかで、関係ありそうなところを探しながら答えを見つけます。別にすべての内容を理解する必要はありません。

あまりに文章が長い場合は「Ctrl + f」で検索窓を開いて、検索ワードの一部を打ち込み、欲しい情報までジャンプすることもできます。

調べた結果、答えが見つからなかった場合は次の記事へと進み、これを繰り返していきます。

よくあるのが、1番上の記事に答えが書いてあるのに、しっかり読まずに飛ばしてしまう方がいます。これは時間の無駄になるので、しっかり確認しましょう。

10分間思考停止したら調査はやめる

検索して調べた内容で問題を解決できるか試行錯誤していきます。

この試行錯誤をしている段階は、あきらめずに頑張り続けましょう。やれる手はすべてやってみることが大切です。そこで得られる経験は大きいですから。

ただし、「やれることはすべてやった」という状態で10分以上、完全に思考が停止している場合はいったん調査を中止しましょう。

10分以上、何の手も思いつかないのなら考えていても仕方ありませんから。

じゃあ、どうするのか?

  1. リフレッシュする
  2. 誰かに助けを求める

このどちらかですね。

時間に余裕がある場合は、気分転換に少し歩いたり飲み物を飲んだりしてリフレッシュするのもおすすめです。

僕も仕事中に考えすぎて頭がボーっとし始めたら、休憩したり、早めに帰って次の日の朝に続きをやったりします。

トイレやお風呂、寝る前のベッドの上などでパッと閃くこともあるんですよね。

ただし、どうしてもわからない場合や、時間に余裕がない場合もあると思います。

そんなときは、素直に誰かに聞いちゃいましょう!

もう、これは絶対なので、何がなんでも誰かに聞いてくださいね。

プログラミングができる友人やスクールの講師など誰でもいいです。

まわりに知り合いがいないという方は、ネットの掲示板やTwitterで質問してみましょう。

とりあえず何がなんでも問題を解決してください。先へ進めないままだと途中で挫折してしまう可能性がありますから。

それって、すごくもったいないことしてますからね。

まとめ

プログラミング上達のコツは、検索スキルを磨くことでした。

ただし、検索スキルは徐々に身につくもの。

最初の頃は、わからないことばかりで「自分には向いていないかも」と落ち込んでしまうこともあると思います。

ですが、そこで絶対にあきらめないでください!

もし、どうしてもわからなければ、まわりの誰かに助けを求めていいんです。

助けてくれる人がいなければ、プログラミングスクールを利用し、講師に聞ける環境を自分で作ればいいんです。

スクールはお金がかかりますが、自分の夢を捨てるより何倍もいいと僕は思います。

テキストのコピーはできません。