【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【2019年】プログラミング用ノートパソコンのおすすめはMacBook一択

プログラミングにおすすめノートパソコン(PC)

「プログラミング用パソコンの購入を考えているけど、どれを選んでいいのかわからない!」

パソコンには非常に多くの種類があるため、どのパソコンがプログラミングに適しているのかを初心者が判断するのは難しいと思います。

数あるパソコンの中でも、僕が自信を持っておすすめしたいのが「MacBook」です。

ただ、すでにそこそこ使えるパソコンを持っているなら、わざわざ新しいパソコンを買う必要はありません。

ぶっちゃけ、パソコンなんて最低限のスペックがあれば、どのPCでもプログラミングはできるからです。

なので、ここから先は新しいパソコンの購入を検討している方向けになります。

「プログラミング用に新しいパソコンが欲しい!」

「プログラミングできるパソコンのスペックを知りたい!」

「WindowsとMacで迷っている!」

この記事を読むことで、このような疑問を解決できると思います。

プログラミング用パソコンの選び方

値段で決める

パソコンを選ぶにあたり、絶対に外せないのがパソコンの値段です。

もし、あなたがパソコンを安さで選びたいのであればWindowsがおすすめです。

Dell(デル)やHP(エイチピー)などのメーカーであれば、スペックを上げてもMacに比べて安く抑えられます。

ですが、お金に余裕があるなら僕はMacBookをおすすめします。

この理由については、このあと詳しく説明します。

OSはMacとWindowsどっちがいいか

まず、パソコンを選ぶ際には、MacとWindowsどちらのOS(オペレーティングシステム)にするかを決める必要があります。

結論からいいますと、断然Macがおすすめです。

なぜなら、MacのOS(macOS)はプログラマーが業務でよく触るLinuxというOSによく似ているからです。

それもそのはず、実はLinuxはUnixというOSを真似て作ったOSなのですが、そのUnixをベースにして作られたOSがmacOSなのです。

つまり、Macを理解できればLinuxを理解しやすいということ。

もちろん、Windowsがダメというわけではありません。WindowsでもあとからLinuxを使えるようにすることはできるからです。

ただ、Macのように特別な設定をせずにUnixを使えるというのは初心者にとって大きなメリットです。普通に使っているだけで勉強になりますから。

また、それだけでなくMacのパソコンを持っていれば、iPhoneアプリやiPadアプリなどを作れるというメリットもあります。

これらの理由から、僕の会社でも半分以上の方がMac Bookを使っています。

キツネ

Windowsの場合はDellやHPなどメーカーや種類が多くて悩んじゃうけど、Macは選択肢が少ないから選びやすいね!

ノートパソコンとデスクトップの違い

次に、ノートパソコンとデスクトップのどちらにするかですが、僕は断然ノートパソコンをおすすめします。

というのも、当たり前ですがノートパソコンのほうが持ち運びが楽なため、打ち合わせ先やカフェなどでの使用に適しているからです。

キーボードやマウス、モニターを別に用意する必要もなく、Webカメラやマイクまで内蔵されているので、好きなときに好きな場所で好きなことをできます。

将来的にリモートワークを考えている方にとっても、カメラやマイクを持ち運ぶ必要がないのは大きいですね。

キツネ

デスクトップだと用意するものがちょっと多いよね。

また、ノートパソコンは部屋に置いといてもまったく邪魔にならないですし、捨てる時も楽です。

デスクトップを買って大きさや不便さに後悔することはあっても、「ノートPCを買って後悔した!」なんてことにはならないと思います。

デスクトップのメリットをあげるとすれば、ノートPCに比べて少し安いということでしょうか。

動画編集やPCゲームはするか

プログラミング以外の用途についても考えておきましょう。

たとえば

  • 動画を編集してYoutubeに上げたい
  • PCでゲームをしたい

このような使い方も考えているのでしたら、GPU(グラフィックス)やグラフィックボードを積んでいるパソコンを買う必要があります。

MacBook Proで考えると15インチ一択になります。GPUが独立しているため、よりグラフィカルな操作に強いからです。13インチは独立したGPUがないため少し不安です。

スペック

CPU

CPUとは、パソコンの「脳みそ」みたいなもの。

「あれやって!これやって!」と命令を出す装置なんです。

Core i5、Core i7のどちらかを選び、2GHzデュアルコア以上であれば問題ないと思います。

GPUやグラフィックボード

さきほども少し触れましたが、GPUとは動画などのグラフィカルな処理に特化したCPUみたいなものです。

グラフィックボードとは、GPUが埋め込まれているボードのことなんですが、どちらにも似たようなものなので違いについてはあまり気にしなくていいです。

とりあえず、動画編集やPCゲームをするのであれば、GPU(またはグラボ)は必須だと覚えておいてください。

ちなみに、MacBook Proの場合は15インチと13インチで性能がかなり違います。

15インチはGPUが独立しているのに対し、13インチはCPUにちょこっとついたGPUという感じです。

なので、動画編集をするなら15インチ、しないなら13インチでいいでしょう。

メモリ

メモリとは、CPU(脳みそ)から指示された内容を処理する「手足」みたいなもの。

プログラミングに必要なメモリのスペックは最低8G。快適にプログラミングしたいなら16Gは欲しいところです。

動画編集を考えている方は必ず16G以上を選びましょう。

SSDやハードディスク

SSDもハードディスクもデータを保存するための装置ですが、SSDのほうが小さくて軽いだけでなく、データの読み書きを高速にできるという特徴があります。

最近のノートパソコンはSSDが標準になっているので、気にするところは容量くらいだと思います。

SSDの容量は128Gだと少し足りないかもしれません。macOSがプリインストールされていますが、それだけで20Gほど使われてしまっているので。

Googleドライブなどを利用することで多少は容量を節約できますが、256Gあったほうが安心だと思います。

キツネ

容量を圧迫するたびに、何を消そうか悩むのも嫌だしね…

インチは13インチ

パソコンのインチ(液晶の大きさ)もかなり重要です。

パソコンを持ち出すことが多いなら13インチがおすすめ。メインは家使いで、たまに持ち出すくらいなら15インチもありです。

僕自身、13インチで何年もプログラミングしていますが、画面の大きさに不満を持ったことはありませんし、打ち合わせも楽なので、プログラミングメインなら13インチがおすすめです。

実際に使ってみて、「どうしても大きな画面を使いたい!」と思ったら別途モニターを買えばいいと思っています。

キツネ

僕の会社でもノートPCは13インチを支給してるよ!

ただし、MacBook Proで動画編集やPCゲームを検討している方は、たとえ持ち出すことが多くても15インチを買わないとスペック不足で後悔します。

まとめ:MacBook Proがおすすめ

プログラミング用のPCであればMacBook Proがおすすめです。

  • 動画編集やゲームをするならMacBook Proの15インチ
  • プログラミング専用で楽な持ち運びを考えいているならMacBook Proの13インチ
  • どうしてもお金がなくて費用を抑えたいなら、最低スペックを満たしているWindowsのノートPC13インチ

Windowsのパソコンだと、本当にメーカーや種類が多くて、どれがいいのか決めるだけでもかなりの時間を使うことになります。

こんなところで消耗するくらいなら、シンプルにMacBook Proを買ってプログラミングの勉強を始めたほうが有意義だと思います。

パソコン代もプログラマーになって稼げば、すぐに返せるので自分への投資と割り切っちゃいましょう。

気に入らなくて、あとから買い替えるほうがコスパ悪いですしね。

モチベーションを上げるためにも、自分の気に入ったパソコンを買いましょう!

ここでパソコンを揃えたら、さっそくプログラミングの勉強を開始しましょう!

おすすめはプログラミングスクールを利用して、スキルアップをブーストし、短期間で転職する方法です。

独学だとプログラミングの難しさに挫折する可能性や、間違った方向に進んで時間を無駄にしてしまう可能性が高いので、僕はあまりおすすめはしていません。

どれだけ努力しようと、やり方が間違っていればスキルアップも遅くなり、転職までのモチベーションが下がってしまいます。

途中で投げ出してしまったら、高機能なパソコンも宝の持ち腐れですからね。

自分は100%正しい努力をしている!」と自信の持てる勉強法が大切です。

テキストのコピーはできません。