【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

プログラミングを挫折せずに学ぶ秘訣は「モチベーション維持」

プログラミングで挫折しない方法

いきなりですが、プログラミングを挫折した、または挫折率が高いと自分で感じる方はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

なぜなら、1人でプログラミングを学ぶよりもスクールを利用するほうがモチベーションを維持しやすいからです。

スクールはお金がかかるため、もったいないと感じる方もいると思います。

ですが、挫折してプログラミングを学ぶことをあきらめてしまうほうが凄くもったいないです。夢と時間を捨てることは、お金の損失より大きいこともあるからです。

それに、最終的にプログラマーへ就職さえできればスクールでの費用は簡単に取り返せます。

実は、こんな偉そうなことをいっている僕も一度だけ挫折した経験があります。

当時はスクールもなかったため、独学でプログラミングを勉強し、中途半端なスキルで転職活動をしていました。

もちろん、まったく相手にされなかったため、当時の僕はあきらめて違う職種に転職しました。この無駄な遠回りをした結果、僕がプログラマーになったのはその2年後です。

キツネ

この2年間は本当に無駄な時間だったと思う…

僕みたいに遠回りしないよう、「スクールに通って最短でプログラマーを目指す」という選択肢も考えてみましょう。

今回は挫折する理由と対策、スクールに通うことのメリットを詳しく解説していきます。

挫折率が高い原因はモチベーション維持が難しいから

まず、なぜプログラミングの勉強は挫折率が高いのかを考えてみましょう。

実はこの答えはとっても簡単。

それは、モチベーションが維持できないからです。

そして、このモチベーションが維持できない原因は3つあります。

  1. 明確な目標設定ができてない
  2. 自分を追い込めない
  3. わからないところで詰まる

明確な目標設定ができてない

プログラミングを学び続けるというのは、何の目的もなくできるものではありません。

本気で人生を変えるつもりで頑張る必要があります。

たとえば、受験勉強を思い出してください。どうしても入りたい志望校がなければ、勉強しようなんて気持ちになりませんよね。

プログラミングの勉強もそれと同じで、「2ヶ月後に必ずプログラマーになる!」という目的をしっかり持つことでモチベーションを上げられます。

このとき、できるだけ短期間でドバっと知識をインプットすることを目標にします。目標があるといっても、それを維持し続けるのはなかなか大変ですからね。

自分を追い込めない

目標が決まっていても、しっかりスケジュールを決めて、「よし、やろう!」と自分を追い込めない人が多いです。

「やらなきゃいけないのはわかってるんだけど、やる気が出ない…」

一度こうなってしまうと、なかなかやらないです。

自分で自分を追い込む方法は、「やらなければいけない」という強制的なルールを作ることです。

  • 毎日22時~24時までは絶対に勉強する
  • 50ページ読むまで夜ご飯食べない

こんな感じでルールを作らないと、勉強モードにならない人が多いと思います。

キツネ

僕みたいなダラダラやっちゃう人は強制力が必要だよ!

わからないところで詰まる

プログラミングを学ぶ姿勢はあるのに、どうしても自分の力では解決できない時があります。

そこで詰まってしまうと先に進めなくなり、「難しい!やめた!」と途中で投げ出してしまいやすいです。

そんなときは、プログラミングに詳しい人に質問してみましょう!

知り合いに詳しい人がいる場合は聞いてみたり、質問サイトなどに投稿して誰かに回答してもらうという方法があります。

問題さえ解決できれば、挫折せずにモチベーションを維持し続けることができますよね。

そして、その問題を解決できたときに「そういうことか!」と謎が解け、プログラミングがさらに楽しくなるはずです。

プログラミングを学ぶにはスクールが最適な理由

さきほど、プログラミングを学ぶにあたり挫折しやすい3つの理由を紹介しました。

  1. 明確な目標設定ができてない
  2. 自分を追い込めない
  3. わからないところで詰まる

実は、プログラミングスクールを利用することで、この問題をすべて解決できます。

目標設定ですが、これはプログラミングスクールを申し込む際の利用期間を決めることで設定できます。2ヶ月で申し込んだ場合は、2ヶ月後のスキルアップを目指すことになります。

そして、それと同時に「この期間のあいだにプログラミングを学ばなければいけない、じゃないとお金が無駄になる」という追い込み(強制力)を自分にかけられます。

また独学と違い、わからないところがあっても講師に質問できるため、詰まって先に進めないなんてこともありません。

あとは、シンプルにプログラミングをスケジュール通りに学び続けるだけです。

気になる受講料も、スクールによりますが15万円くらいで利用できます。

これを高いと感じるかは人によりますが、塾や予備校と同じで「プログラマーになるための投資」だと考えれば安いほうだと思います。

もちろん、途中で挫折してしまうとお金の無駄になりますが、プログラマーになることができれば割と簡単に取り戻せる金額なので。

ちなみに、スクールでは転職サポートなどもあるので、転職しやすいことも大きいですね。

プログラミングを挫折しそうなときに考えること

ここまで、挫折しないためのポイントや方法を紹介してきました。

もし、これらを実践しても挫折しそうになったら、自分に問いかけてほしいことがあります。

それは「いまの生活を死ぬまで続けたいか?」です。

僕が挫折したときは

「自分には向いてないのかもな…」

「選ばれた人間しかなれないんだ…」

と勘違いし、まったく違う職種へ転職しました。

ですが、結局は「やっぱりプログラマーになって安定した生活を送りたい」と思ってしまったのです。

あとからこんなことを考えて後悔するくらいなら、最初からあきらめずに突っ走ったほうが良かったと今でも思っています。

それに、プログラマーって「芸能人になりたい!」みたいな運の要素が関係するような職種でもありません。

しっかりプログラミングを学び、転職活動をすれば叶えられる夢なんです。

「いまの仕事を続けたくない!人生を変えたい!」という気持ちを忘れないことが大切なんです。

まとめ:スクールの強制力を利用しよう

プログラミングって確かに難しいところもあるし挫折しやすいかもしれません。

挫折しそうだなと感じる方は、素直にプログラミングスクールの力を借りたほうがいいです。

2ヶ月間集中して勉強して、さっさとプログラマーに転職しちゃいましょう。

自分への投資をためらう必要はないです。プログラマーになってお金を稼げばいいのですから。

それよりも、自分の夢や未来を捨てることのほうがもったいないと僕は思います。

テキストのコピーはできません。