【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

残業なしプログラマーになろう!現状を変える3つのポイントを紹介

プログラマーの残業

「プログラマーは残業が多くて、定時に帰るのが難しい…」

そう思っていませんか?

すべてのプログラマーが残業ばかりで大変だなんて思っているとしたら、それは少し違います。

なぜなら、ITの世界にも「残業なしのプログラマー」と「残業ばかりのプログラマー」が存在するからです。

僕もプログラマーですが、ほぼ毎日定時に帰っていますからね。

キツネ

もちろん、仕事はちゃんとやってるよ!

それぞれのプログラマーの違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

今回は、プログラマーになっても「残業なし」で働くための3つのポイントを紹介します!

これを読んで「やっとプログラマーになれたのに、残業ばかりでしんどい…」なんてことにならないようにしましょう。

プログラマーの残業が多い理由は3つ

そもそも、なぜ「プログラマーは残業が多い」といわれるようになったのでしょうか?

僕が考えるに理由は2つあります。

  1. TVやネットなどで「毎日遅くまで仕事している」イメージが浸透している
  2. 知人から「残業が多くて辛い」と聞いたことがある

もちろん、仕事に追われる忙しいプログラマーも実際にいます。

ですが、そのようなプログラマーばかりではありません。

低賃金で長時間労働を強いられているプログラマーもいますが、給料をしっかりもらいながら定時でキッチリ帰っているプログラマーもたくさん存在します。

「プログラマー = 残業が多い」ではないのです。

では、なぜ同じプログラマーでこのような違いが生まれるのか?

おそらく、残業が多いプログラマーは以下の3つのどれかに当てはまるからです。

  1. 残業代欲しさに残っている
  2. 会社がブラック企業
  3. スキルが低く仕事が終わらない

では、これらの問題が起こる原因と解決方法について詳しく見ていきましょう!

残業代欲しさに残っている

残業をする理由の1つに、「残業代を稼ぎたい」というのがあります。

残業代が支給される会社であれば、残業をすればするほど給料が上がりますからね。

そのため、キャパ以上の仕事頼まれても

「残業代入るし仕方がないか…」

と納得してしまい、自分の時間をどんどん仕事に使うようになっていきます。

これはこれで良いように見えますが、あまりおすすめしません。

なぜなら、これは時間を犠牲にしてお金を稼いでいるだけだからです。

あなたは、残業代が欲しいのではなく、お金が欲しいんですよね?

つまり、年収を上げることができるなら残業じゃなくてもいいはずなんです。

むしろ、残業はリスクのほうが大きいので極力しないほうがいいと僕は思っています。

残業は身体的負担が大きいですし、何より自由な時間が奪われるデメリットがあります。

できるだけ残業せずに早く帰って、趣味を楽しんだり、土日もゆっくり羽を伸ばしたほうが、人生を楽しんでいるといえます。

それに、給料は残業しなくたって簡単に上げられます。

そう、転職です。

転職はプログラマーの特権といってもいいです。

どこの企業もプログラマー不足なので、転職先は選び放題です。

無理して働き続けるより、もっと年収を上げてくれる職場に転職しましょう。

ブラック企業で働いている

わざわざ、ブラック企業に好んで入ろうなんて考える人はいないと思います。

良さそうな会社だと思って入社してみてたら、「全然そんなことはなかった」とあとから気付くのが普通です。

ちなみに、僕が考えるブラック企業は以下の3つです。

  1. 仕事量が極端に多い
  2. 残業代が出ない
  3. 帰りづらい雰囲気がある

では、もしブラック企業に就職してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

大切なのは「会社の犬にならない」ことです。

「これは間違ってる!」と思うことでも、空気を読んで合わせていませんか?

我慢して会社に合わせているだけでは、永遠にこき使われるだけです。

低賃金で長時間働くことは正しいのか?

定時に帰りたくても帰れないのは正しいのか?

残業代が出ないのに残業することは正しいのか?

いまの職場のルールが当たり前だと思わずに、「疑うこと」が大切なんです。

そして、現状を変えるためには何かしらのアクションを起こす必要があります。

これらを解消するには以下のどれかを実行しましょう。

  1. 上司と相談して仕事量を減らしてもらう
  2. 周りの空気を無視して早く帰る
  3. 残業のないホワイト企業に転職する

もし、会社に相談してどうにかなるような問題でないのであれば、思い切って転職することも考えてみましょう。

思い出してください、プログラマーはいつでも転職できるということを。

先ほどもお伝えしたとおり、IT業界は常にプログラマー不足なため、どこの企業もプログラマーが欲しいのです。

「ブラックなので転職します!」が許される職種なんです!

ただ、あまりにもスキルが低いと転職も難しいのが現実です。

「スキルが低くて転職ができない!」とならないためにも、プログラマーとしてのスキルはしっかりと身に付けておく必要があります。

スキルが低くて仕事が終わらない

もし、残業してしまう理由が自分のスキル不足にあるのなら、これは勉強するしかありません。

おそらく、他の企業へ行っても状況は変わらないでしょう。

ですが、残業する原因が本当に自分のスキル不足にあるのかを、しっかり見極めるようにしてください。

単純にふられている仕事量が多すぎて対処できていないだけの可能性もあるからです。

これはプログラマーに限った話ではないと思いますが、仕事ができる人ほど仕事が増えやすい傾向にあります。

「どれだけ残業しても仕事が終わらない…」なんて場合は、会社自体に問題がある可能性が高いです。

ブラック企業で頑張り続けても体も心もボロボロになるだけなので、早めの転職を考えましょう。

プログラマーでも残業が少ない会社はある

繰り返しになりますが、プログラマーでも残業が少ない会社は存在します。

僕が働いている会社も残業は少ないほうで、僕自身も毎日定時(19:00)に退社しています。

同じプログラマーでも、早く帰れる人と帰れない人の違いは会社によるところがほとんどです。

もっとわかりやすくいうと、勤めている会社が「ホワイト企業」なのか「ブラック企業」なのかで変わってくるのです。

これを分ける基準は会社の利益や方針、社風などによるところが大きいと思います。

大企業だからとか中小企業だからとか、会社の大きさはまったく関係ありません。

つまり、こればっかりは実際に入社してみるまではわからないのが現状です。

ただ、あきらめないてはいけません。

「会社なんてこういうものだ…」と思い込むのではなく、「もっといい会社を探そう!」と欲張りましょう。

このような会社選びができるのも、需要のあるプログラマーという職種の特権なのです。

まとめ

プログラマーになって、残業ばかりだと自分の人生を楽しむことができません。

  • 給料が少ないため残業する
  • ブラック企業だから残業する
  • 仕事が終わらないから残業する

僕のなかで、残業は「悪」だと思っています。

自分の時間を犠牲にするだけでなく、心身ともにボロボロになるからです。

キツネ

仕事が趣味で残業している人は別だよ!

一生その会社で働き続ける覚悟がないのでしたら、転職も考えてみてください。そして、我慢する人生から解放されてください。

なかなか転職に踏み切れないという方は、まずは転職サイトや転職エージェントに登録してみるところから始めてみてください。

そこであなたに合いそうな企業が見つかれば、すぐに動き出すことができます。

まずは少しでも前に進むことが大切。何もしないで文句を言っているだけでは、この先もずっと同じ生活を送ることになります。

テキストのコピーはできません。