【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

プログラマーと数学は関係ない!プログラミングに必要ない3つの理由

プログラマーと数学は関係ない

「プログラミングって数学ができないとダメなんでしょ?」

そう思い込んでプログラマーへの道を諦めようとしていませんか?

ちょっと待ってください!

実際には、プログラミングと数学の関係なんてほとんどありません!文系でもまったく問題なくプログラマーになれるんですから。

このことは僕自身、新人研修担当としてプログラミング未経験者を教育してきた経験からも証明できています。

今回は、数学が苦手でもプログラマーになれる理由をわかりやすく解説したいと思います。

プログラマーでも数学はできない?

意外かもしれませんが、プログラマーでも数学ができないという方は多いです。

僕が教えてきたプログラマーの後輩にも文系の方がいますが、今では立派なプログラマーとして活躍しています。

実際にプログラマーになってみるとわかるのですが、この業界で「理系だの文系だの」と気にする人はほとんどいません。

プログラマーに数学が必要ない3つの理由

プログラマーの業務に数学は必要なのでしょうか?

実は、プログラマーの業務に数学はまったく必要ありません。

僕がプログラマーとして働くうえで数学が必要ないと考える理由は以下の3つです。

  1. プログラミングに数学は関係ない
  2. 数学が苦手でも本は読める
  3. コミュニケーションスキルで乗り越える

それでは、具体的に見ていきましょう。

プログラミングと数学は関係ない

プログラミングと聞くと、パソコンでカタカタ難しいことをやっているイメージをお持ちの方もいると思います。

ですが、実はそのほとんどが数学とは関係ないものだったりします。

もちろん、足し算や引き算、掛け算や割り算などの基本的な計算を使うことはありますが、難しい数学の知識はほとんど必要ありません。あっても中学生レベルの数学です。

コンピューターに処理してほしい内容を伝える業務がプログラミングなので、その処理に計算処理がなければ当然使わないんですよね。

数学が苦手でも本は読める

数学が苦手でも本を読める方であれば、プログラマーとして十分やっていけます。

プログラマーは常に学び続ける職種です。そのため、スキルアップにたくさん本やブログを読んでインプットするのが日常茶飯事です。

文章を読むことに慣れている方であれば読み疲れもしないので、普段から本を読んでいる人は有利かもしれません。

コミュニケーションスキルで乗り越える

プログラマーはプログラミングだけできればいいというわけではありません。

プログラマーは1人で仕事をすることがほとんどなく、大勢のメンバーと一緒にチームとなってプロジェクトを進めていきます。

そのため、メンバーとのコミュニケーションをしっかり取り、円滑にプロジェクトを進められるかどうかもプログラマーとして重要な要素になってくるのです。

コミュニケーションスキルが高ければ、数学に限らずわからないところがあっても、まわりに助けを求めれば何とかなることが多かったりもします。

キツネ

意外とコミュニケーションで乗り越えられることは多いよ!

人工知能は数学が必要な分野

ここまでプログラミングに数学は必要ないという話をしてきましたが、これはすべてのプログラマーに当てはまるわけではありません。

実は、あなたがAIプログラマーを目指しているのであれば少し話が変わってきます。

人工知能(AI)や機械学習を学ぶのであれば、プログラミング言語もPython一択になりますし、微分や積分といった数学の知識なども必要になってきます。

さらに勉強すると、もっともっと複雑な公式を理解する必要があり、数学が苦手な人には少し辛いかもしれません。

ただ、これはAIプログラマーの話であり、僕のようなWebプログラマーを目指しているのであれば、数学の知識はほとんど必要ないので安心してください。

まとめ

プログラマーに数学の知識はまったく必要ありません。

僕自身、数学の公式なんてほとんど覚えていませんが、何の問題もなくWebプログラマーとして働くことができています。

もし、これからあなたがプログラマーを目指すのであれば、「自分にプログラマーが合っているのかどうか」を知るところから始めてみましょう。

テキストのコピーはできません。