【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【Git入門】基本操作からコマンドの使い方までの学習ステップ

【Git入門】基本操作からコマンドの使い方までの学習ステップ

Git(ギット)は、エンジニアにとって必要不可欠なツールです。

ですが、多くのGit初心者は「Gitって何のメリットがあるの?」と、いまいちメリットを感じられない状態だと思います。

これは、Gitが複数人での開発を想定して作られているのに対し、独学では1人でしかGitを使わないため、Gitの恩恵が伝わりづらいのです。

今回はそんな方のために、Gitの細かいメリットや2人で作業をするケースを想定しながら、Gitの基本操作からコマンドの使い方までを体系的に学習できるよう解説していきます。

関連するGitの入門記事をまとめているので、気になる記事があれば、その都度クリックして読み進めていってください。

キツネ

Gitの具体的なメリットや使い方を知ろう!

【STEP.1】Gitの基本や仕組みを勉強する(入門編)

Git(ギット)とは、「分散型バージョン管理システム」とよばれるソフトウェアです。

HTMLや画像などのファイルを管理するために使うのですが、初心者にとってGitに対して苦手意識を持っている方も多いです。

これは、Gitの基本や仕組みを理解しないまま使っているため、問題が起こったときの対処法がわからないからだと思います。

そこで、一度コマンドは忘れて、Gitの基本的な仕組みにフォーカスして勉強していきましょう。

Gitは基本用語だけでも以下のようにたくさんありますので、1つずつしっかり理解することが大切です。

  • ローカルリポジトリ
  • リモートリポジトリ
  • リビジョン
  • ブランチ
  • コミット
  • インデックス
  • ワーキングディレクトリ
  • プッシュ
  • プル

Gitの仕組みを勉強するステップ

  1. Gitとは
  2. Gitの仕組み
  3. Gitの流れ
  4. GitとGitHubの違い
Gitとは?仕組みを解説【読むだけ】Gitとは?仕組みを初心者にもわかりやすく解説するよ!

【STEP.2】Gitのインストール方法と初期設定

Gitの基本を理解したところで、次は実際にGitをインストールしてみましょう。

ここでは、インストール手順がややこしいWindowsをメインに解説しています。(Linux(CentOS)も簡単に紹介しています)

MacやLinux(Ubuntuなど)のインストールはそこまで難しくないので、調べればすぐにインストールできるでしょう。

インストールが終わったら、Gitを使うための初期設定をおこないます。

この設定もコマンドを数個たたくだけなので、とても簡単です。

Gitのインストールと設定を勉強するステップ

  1. Gitのインストール方法
  2. Gitの初期設定
Gitのインストールと設定【超簡単】Gitのインストール方法と初期設定(Windows、Linux)

【STEP.3】GitHubの使い方と用語を勉強する

GitHub(ギットハブ)の用語や使い方についても勉強しましょう。

ここでは、事前にインストールしたGitのローカルリポジトリと、GitHubのリモートリポジトリを連携させるための手順も紹介しています。

これが終われば、Gitを使ったファイルのバージョン管理がいつでもできるようになります。

GitHubの使い方と用語を勉強するステップ

  1. GitHubとは
  2. GitHubの用語(プルリクエスト、フォーク)
  3. GitHubのリポジトリの種類
  4. GitHubの料金プラン
  5. GitHubの使い方
GitHubの使い方と用語【入門】GitHubとは?使い方や用語を覚えてリポジトリを作ってみる!

【STEP.4】Gitの基本コマンドの使い方を学習する

いよいよ、本題であるGitコマンドを使ったバージョン管理をおこないます。

ただ、Gitは初心者にとって挫折しやすい難関であるため、いきなり複雑なことはしません。

まずは、Gitの基本的なコマンドの使い方を確実に覚えるところから始めましょう。

初心者にもわかりやすく体系的に解説しているため、上から順番に見よう見まねで進めるだけでも、かなり勉強になるはずです。

基本コマンドに絞っても、かなりのコマンド数なので、しっかり時間をかけて覚えましょう。

Gitコマンドの使い方を体系的に学ぶステップ

  1. git init
  2. git status
  3. git add
  4. git commit
  5. git log
  6. git remote
  7. git push
  8. git branch
  9. git diff
  10. git reset
  11. git checkout
  12. git clone
  13. git fetch
  14. git merge
  15. git rebase
  16. git pull
Gitコマンドの使い方【初心者】Gitコマンドの使い方を体系的に覚えよう!【一覧あり】

まとめ

Gitはこれからエンジニアにとって、必須のスキルです。

エンジニアになれば、毎日のようにGitを使うことになるからです。

また、これからエンジニアを目指す方であれば、自分が書いたソースコードをGithubに登録し、転職活動に利用することもあるはずです。

プログラミングとは別のスキルになりますが、最低限のGit操作くらいは覚えておいて損はしません。

ただ、プログラミング学習も含め、「なかなかモチベーションが上がらない」ということもあると思います。

そんなときはプログラミングスクールなどに通い、強制的に勉強する環境に身を置くことも考えてみてはどうでしょうか?

ダラダラ勉強を続けているだけでは、なかなかエンジニアになれませんので、ときには大胆に動くことも大切です。

テキストのコピーはできません。