【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

未経験からフリーランスエンジニアになるには?独立はスキルが重要!

未経験からフリーランスエンジニアになるには?独立はスキルが重要!

最近は、未経験からWebエンジニア(プログラマー)になり、フリーランスとして独立することを考える方が増えてきました。

もし、あなたがフリーランスエンジニアを本気で目指しているのなら、やることはとってもシンプルです。

Webエンジニアとしてのスキルをとことん磨くこと。

「スキルを磨くだけでフリーランスエンジニアになれるわけがない!」と考える方もいると思います。

ですが、エンジニアとしてのスキルを磨くだけで、フリーランスに対するあなたの不安はすべて消え去ります。

今回は、これからフリーランスエンジニアになって独立を目指す方に向けて、気になるあれやこれを紹介します。

フリーランスエンジニアは年収や時間が増える

おそらく、フリーランスエンジニアを目指す1番の理由は、年収や時間が増えることだと思います。

フリーランスになれば、自分で単価(月の金額)や時間、場所を調整しながら働くことができます。

単価や勤務時間などの契約条件さえお互いに納得できれば、とても自由で快適な生活をおくれるのは間違いありません。

旅をしながら働きたい人や、家族との時間を増やしたい人にとって、フリーランスエンジニアは理想の働き方だといえます。

キツネ

独立すれば本当に自由な生き方ができるよ!

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアの働き方に憧れる一方で、フリーランスになるかどうかを迷っている方もいますよね。

  • 会社で積み上げたキャリアを捨てる
  • 仕事を取れる営業スキルが必要になる

いまの会社に未練のない方は、フリーランスエンジニアになることを迷わず選択できますが、みんながみんなそうではないんですよね。

ですが、これらのデメリットに関してはあまり気にしなくてもいいかもしれません。

理由はこのあと詳しく紹介します。

フリーランスとして独立するならスキルが最重要

フリーランスエンジニアとして独立を考えているのであれば、「自分のスキルアップだけに集中すること」が大切です。

当たり前かもしれませんが、Webエンジニアにとって「プログラミングスキル」は何よりも重要なスキルです。

会社員であれば、ほかのスキルとの組み合わせでうまくやっていけたかもしれません。

ですが、フリーランスは少し違います。

信用ゼロのあなたを「信用できるか」判断するために、企業は最初にあなたのプログラミングスキルを見るからです。

お願いしたことができるか?

期限までにしっかり終わらせてくれるか?

信頼関係を築くためにも、プログラミングスキルはとても重要だといえます。

これを踏まえたうえで、なぜ会社で築いたキャリアを捨てられるのか、仕事を取ってくる営業スキルが不要なのかを見ていきましょう。

キャリアを捨てていい理由

少し前に、トヨタの社長が「終身雇用は難しい」と発言してニュースになりましたよね。

世界のトヨタでさえ、「優秀な人材をこれから確保できないかもしれない」と言っているのです。

「トヨタなら安定」といって新卒で入社した社員より、本当に優秀な社員を雇ったほうが会社のためになるということなんです。

そして、これはIT業界でもずいぶん前から言われてきたことでもあります。

つまり、このさきの将来において、終身雇用という言葉に隠されている「安定」を頼りにし過ぎてはいけないということ。

いまの会社でしか通用しないキャリアであれば、思い切って捨ててしまったほうがいいかもしれないのです。

これから先も、あなたのキャリアを維持できるとは限らないのですから。

キツネ

会社はあなたを守ってくれないよ!

エージェントを使えば営業スキルはいらない

フリーランスとして独立するためには、「営業スキル」が必要だと思っていませんか?

たしかに、営業スキルがあれば自分を売り込み、スキルがなくても仕事を取ってこれるかもしれません。

ですが、さきほどもお伝えしたように、プログラミングスキルがなければ信頼はどんどん落ちていきます。

結果、契約が切られてしまい、次の仕事に繋げることも難しいでしょう。

「じゃあ、どうやって仕事をとるの?」

営業は、営業が得意な人(サービス)に任せておけばいいんです。

エンジニアと企業を繋げてくれる「エージェント」を利用しましょう。

  • フォスターフリーランス 」…20年以上の実績があり、業界歴平均10年のスタッフが揃ったIT業界に精通したエージェント
  • MIDWORKS」…年金・賃金・支払継続・保険を社員同等に受けられる正社員とフリーランスのいいとこ取りしたエージェント
  • レバテックフリーランス 」…フリーランス(個人事業主)のエンジニアやデザイナー向けWeb案件に特化したエージェント

「プログラミング」と「営業」を、「プログラマー」と「エージェント」でそれぞれ分担できるようになったイマだからこそ、フリーランスになる方が増えていったのだと思います。

それなら、あなたも同じように利用したほうが効率がいいですよね。

エンジニアに営業力なんか必要ないのです。

キツネ

営業スキルなんて、そう簡単に身につくものじゃないしね!

独立に失敗しても会社員に戻れる

もし、あなたがフリーランスエンジニアとして働いてみて、「やっぱり会社員のほうが合っているな」と思ったとしましょう。

ですが、後悔することは何一つありません。

実は、会社員に戻ることはそこまで難しくないからです。

いまのIT業界は過度な人材不足であり、どこの企業もエンジニアを確保しようと必死です。

このエンジニア不足は、あと10年以上も続くといわれているので、フリーランスが合わなければいつでも会社員に戻れるというわけです。

キツネ

エンジニアはしばらく需要があるから安心だね!

未経験からフリーランスエンジニアになるには

未経験からフリーランスエンジニアになるには、まずはどこかの企業に就職して経験を積むことが優先です。

もちろん、そのためにもプログラマーとしてのスキルは、しっかり身につけておく必要があります。

  1. プログラミングスキルを身につける
  2. 企業で業務経験を積む
  3. タイミングをみて独立

未経験でも早い段階でプログラミングができるようになれば、たとえ業務経験が1年しかなくても、比較的早くフリーランスエンジニアになることができます。

プログラミングスキルを効率よく身につける方法は、以下の記事に詳しくまとめています。

まとめ

フリーランスエンジニアとして独立したいのであれば、まずはスキルアップに集中しましょう。

いまのキャリアに固執せず、ただただスキルを磨き続けるのです。

そこに営業スキルは必要ありません。営業はエージェントに任せてしまえばいいのですから。

需要のあるエンジニアは、フリーランスになってもほとんどリスクがないので、悩んでいるのなら思い切って独立を考えてみましょう!

テキストのコピーはできません。