【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【IT】エンジニアとは?職種の種類や仕事内容、目指すためのポイント

ITエンジニアとは?種類や仕事内容

最近になって、「エンジニア」というワードをよく目にするようになりました。

エンジニアとは、機械や土木、コンピュータなどを扱う「技術者」を指すのが一般的です。

ですが、最近では「エンジニア」といえば「ITエンジニア」を指すことが多いですね。

Twitterなどでも「エンジニア=ITエンジニア」という意味で頻繁に使われています。

おそらく、ITが流行になっている時代背景もあるのでしょう。

今回は、そんな人気のITエンジニアの種類や職種ごとの仕事内容、エンジニアを目指すにあたってのポイントなどを詳しく紹介します。

エンジニアとは

エンジニアとは、一般的には「技術者」のことを指します。

ですが、冒頭でもとお伝えしたとおり、最近では「ITエンジニア」を指すことがほとんど。

そんなITエンジニアにも、実はいくつかの種類があり、呼び方も様々です。

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • Webエンジニア
  • 開発エンジニア
  • フロントエンジニア
  • バックエンドエンジニア

作るものや業務内容によって、ITエンジニアもたくさんの呼び方があります。

キツネ

みんな、どれを指してエンジニアって呼んでいるかは僕にもわからないよ!

ですが、この「エンジニア」という呼び方にはルールがないため、呼び名の意味も曖昧なところがあります。

たとえば、「Webエンジニア」であれば「Web系の業務全般を担うエンジニア」という意味になります。

これだと、具体的な役割が見えてこないので、もう少し詳しくエンジニアの種類について紹介していきます。

ITエンジニアの種類と職種ごとの仕事内容

ITエンジニアの職種は、大きく4つの種類に分けることができます。

  • プログラマー(開発エンジニア)
  • システムエンジニア(SE)
  • サーバーエンジニア(インフラエンジニア)
  • ネットワークエンジニア

エンジニアの種類によって仕事内容も違うので、それぞれ簡単に紹介しますね。

プログラマーとは

プログラマーとは、プログラミング(開発)業務をメインとするエンジニアのことです。

プログラマーは、未経験者でも比較的に目指しやすい職種でもあります。

そんなプログラマーも何を開発するのかによって、さらに細かく分けることができます。

  • Webプログラマー
  • アプリプログラマー
  • ゲームプログラマー
  • AIプログラマー

プログラマーの種類や仕事内容については、以下の記事に詳しくまとめているのでどうぞ。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアとは、プログラマーが開発するために必要な「設計書」を作るエンジニアのことです。

システムエンジニアは「SE(エスイー)」とも呼ばれます。

会社によって、設計しかしないシステムエンジニア、プログラミングもできるシステムエンジニアなど様々です。

ですが、当然プログラミングができるエンジニアのほうが価値は高いです。

プログラミング経験を積むことで、効率よく設計ができ、プログラマー目線での会話もできるため、打ち合わせなどもスムーズに進みやすいのです。

そのため、未経験者の場合は「プログラマーからシステムエンジニアにキャリアチェンジする」という流れをおすすめします。

というか、中小企業であれば、プログラマーを数年やっていると「気付けばシステムエンジニアになっている」ということが多いと思います。

サーバーエンジニア(インフラエンジニア)とは

サーバーエンジニアとは、サーバーの設計や環境構築などを担当するエンジニアです。

インフラエンジニア(インフラストラクチャーエンジニア)とも呼ばれます。

つまり、システムを作るうえで必要になる基盤となる部分を作り、開発をサポートすることが仕事になります。

未経験者には少し難しい分野なので、プログラマーからのキャリアチェンジを目指したほうが早いと思います。

Webエンジニアになれば、プログラマーから入っても自然とインフラにも詳しくなりますよ。

キツネ

僕もWebエンジニアだから自信をもっておすすめできるよ!

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、名前の通りですが、ネットワークの設計や構築を担当するエンジニアです。

仕事内容がインフラエンジニアと役割が似ているため、インフラエンジニアが兼任する場合も多いです。

ネットワークもインフラ同様に未経験で習得するのは難しいので、まずは未経験でも入りやすいプログラマーから目指しましょう。

こちらもWebエンジニアであれば、多少の知識は身につきます。

未経験ならWebエンジニアがおすすめ

エンジニアの仕事内容は、さきほどの種類によって、プログラミングや設計、インフラ、ネットワークなどがあります。

どのエンジニアになるにしろ、未経験者は最初にプログラマーを目指したほうが、IT業界に入りやすいのは間違いありません。

まずはプログラマーとして経験を積んでから、自分のなりたいエンジニアを目指しましょう。

そのなかでも、僕がおすすめするのは「Webエンジニア」です。

Webサイトなどを作るWebエンジニアは、プログラミングやインフラなどの色々な業務に携わるので、システムの全体像や流れなどを把握しやすく、次のキャリアを描きやすいです。

プログラマーからのキャリアチェンジもしやすい職種なので、将来性を考えてもメリットしかありません。

まとめ

エンジニアにも色々な種類がありますが、おすすめは「Webエンジニア」です。

プログラミングスキルさえ身につけられれば、未経験者でも採用されやすく、キャリアを積みやすいなどのメリットがあります。

また、Web系のプログラミング言語を扱っているスクールも多く、利用すれば短期間でプログラミングスキルを身につけられます。

僕自身、未経験でWebエンジニアに転職しましたが、年収も休日も増えたのでメリットしかありませんでした。

気になる方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

テキストのコピーはできません。