【リニューアル記念】ブロガーへのSTEPを続々更新中!

【未経験】エンジニア面接での質問と答え方!逆質問で好印象を狙え!

【未経験】エンジニア面接での質問の答え方と逆質問

「エンジニアの面接って、どんな質問されるんだろう?」

IT業界がまったくの未経験でエンジニアに転職するという方は、色々と考えてしまいますよね。

エンジニアに限らず、以下のような質問はよくされるでしょう。

  • 志望動機
  • 長所と短所
  • 前職での仕事内容
  • 会社にどのような貢献ができるか
  • 何か質問はあるか(逆質問)

エンジニアとしての質問であれば、このような質問も多いと思います。

  • エンジニアを目指すにあたり何をしてきたか
  • 今後のエンジニアとしてのキャリアプラン

今回は、ITエンジニアの人事をしている僕が、面接で好印象を狙うためのポイントをまとめてみたので紹介します。

エンジニアが面接で質問される内容

未経験でエンジニアを目指している方に対して、面接官もITスキルに期待はしていません。

これは、業務経験を積んでいないエンジニアは、実務では使い物にならないことをエンジニア経験者は知っているからです。

それよりも、「立派なエンジニアとして成長し、最終的に会社に貢献してくれるか」というところを見ています。

つまり、面接官の質問に対して「期待の新人」だということをアピールした回答ができるかがポイントになります。

志望動機

まず最初に必ず質問されるのが「志望動機」です。

志望動機も、大きく分けると2つの理由があります。

  • この業界に転職しようと思った理由
  • 応募した企業を選んだ理由

それぞれ、バラバラに質問される場合もあれば、話の中で掘り下げて聞かれることもあります。

どちらで質問されても困らないように、両方を含んだ志望動機を考えておきましょう。

志望動機の組み立て方は、以下の記事に詳しくまとめています。

長所と短所

面接では、あなたの「長所(強み)」と「短所(弱み)」を聞かれることも多いはずです。

長所は、できるだけエンジニアとして期待してもらえるようなものを絡めて答えるようにし、短所は、長所ともとれるような意味合いのものを選ぶといいです。

  • 長所…「努力家なところがあり、エンジニアになるために毎日2時間は勉強していました」
  • 短所…「何かに熱中すると自分が思っていた以上に時間が経っていたりするので、もう少し時間を気にするようにしたい」

会社に貢献できること

あなたが入社することで、「会社にとってどのようなメリットがあるのか?」も質問されます。

エンジニア未経験の状態で背伸びしたアピールをしたところで、「世界の広さを知らない」とマイナス評価を受けやすいです。

ここでは、さきほどの長所や前職での働き方をうまく使い、自分のこれからに期待してもらえるような回答が望ましいでしょう。

  • 「私の努力家な面を活かして短期間での成長を心掛け、私の教育にコストがかからないような働き方をしたいと考えています」
  • 「前職で培ったリーダー経験を活かし、将来チームを引っ張れるような存在になりたいと考えています」

エンジニアを目指すにあたって何をしてきたか

これはIT企業の面接では、「エンジニアになるためにどんなことをしたのか?」という質問があります。

これを質問することで、「現在のスキル」や「努力できる人間かどうか」がわかります。

独学で勉強してきた方は、勉強時間や勉強した内容をそのまま伝えるだけでいいでしょう。

プログラミングスクールなどに通っていた方も、高い費用を支払ってでも自分に投資したことや、そこで学んだことをそのまま伝えましょう。

問題なのは「まったく勉強してこなかった人」です。

ひたすら応募を繰り返してきた人は、なかなか答えづらいと思うので、この質問が出ないことを祈ってください。

今後のキャリアプラン

弊社でどのようなエンジニアとして活躍していきたいですか?」などと、今後のキャリアプランについて質問されることがあります。

正直、未経験者であれば、どのようなキャリアがあるのかもわからないでしょう。

「新しい技術を学び続けられるエンジニアになりたい」と答えてもいいのですが、技術から離れたほうがウケはいいです。

というのも、ITスキルが高いエンジニアよりも人をまとめられるエンジニアのほうが価値が高いからです。

なので、「ある程度の経験を積んで業界知識がついたら、チームをまとめられるようなポジションを目指したいです」などと答えておくと印象がいいですよ。

企業に逆質問する内容

面接の最後に、「何か質問はありませんか?」と逆質問できる時間が設けられていますよね。

ここで、「はい、いまのところは特にありません」と無難に終わらせようとしていませんか?

面接は緊張しますし、早く終わらせたい気持ちもわかるのですが、気になることがあれば聞いてしまったほうがいいです。

企業側も質問されることで「興味を持ってくれているのかな」「真剣に考えているんだな」とポジティブに受け取ってもらえますからね。

ただし、気になることをそのまま聞けるわけでもないですよね。

  • 昇給や賞与について
  • 残業は多いのか
  • 社内の雰囲気など

これらは遠回しに質問して聞いてみましょう。

  • 昇給…「評価制度についても教えていただけないでしょうか?」
  • 残業…「入社後の1日の流れなど簡単に教えていただけないでしょうか?」
  • 雰囲気…「社内イベントなどもよく開かれているのでしょうか?」

キツネ

ほかにも気になることがあれば聞いちゃおう!

エンジニアの面接でも服装はスーツが無難

最後に、エンジニアの面接は「スーツ」と「私服」で迷う方もいると思いますが、ここはスーツにしておいたほうが無難です。

私服でも気にしない会社はあると思いますが、気にする会社もあるからです。

また、スーツであれば仕事もできそうに見え、印象もよくなるので、わざわざ私服を選ぶ理由がありません。

エンジニアだって、客先での打ち合わせであればスーツを着用することが多いですよ。

キツネ

総理大臣が私服で会見していたらどう見えるか考えよう!

まとめ

未経験からのエンジニア転職での面接は、自分のスキルをアピールするのではなく、勉強していた過程やこれからの未来に期待してもらいましょう。

いまは未熟でも、いずれ会社に大きく貢献するエンジニアだと感じてもらえれば、企業はあなたに内定を出すでしょう。

また、あなたと会社のフィーリング次第では、スキルに関係なく人柄で採用する場合もあります。

笑顔でハキハキやりたいことを話しているだけでも、面接官にはポジティブなイメージが先行するので、緊張し過ぎないように頑張ってくださいね!

テキストのコピーはできません。