【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

【Docker入門】WindowsとMacで開発環境を構築してみよう!

Docker入門

Docker(ドッカー)は、コンテナを使った仮想環境構築ツールです。

このDockerを使いこなすことは、インフラ初心者にとっては少し難しいかもしれません。

ですが、今後のWeb業界ではDockerでの環境構築が当たり前になると予想されているため、必ず扱えるようになりたい技術でもあります。

いま実際に本番環境でDockerを使っていない方も、開発環境はDockerで構築してみるというように、少しずつ使い慣れていくことをおすすめします。

この記事ではDocker入門として、Dockerの基本を学んだあと、最終的にRailsやNginx、Mysqlを使った開発環境の構築方法を紹介します。

キツネ

ステップごとに紹介している記事を読んで知識を深めよう!

【STEP.1】Docker入門!特徴や仕組みやメリットを知る

いきなりDockerを触り始めるのではなく、まずはDockerの特徴や仕組みをしっかり学びましょう。

Dockerがどのように動いているか知らずに使っていると、このさき詰まってしまう可能性があるからです。

また、仮想環境といえば「VirtualBox」も有名なので、Dockerとの違いも抑えておきましょう。

Dockerを知るためのステップ

  1. Dockerとは
  2. Dockerの仕組み
  3. DockerとVirtualBoxの違い
  4. Dockerのメリット
Dockerとは何か?初心者にもわかりやすく解説Dockerとは何か?初心者にもわかりやすく仕組みを解説!

【STEP.2】Dockerのインストール(WindowsとMac)

Dockerの概要がわかったところで、使ってみるためにまずはDockerをインストールしてみます。

「Windows Home」や「Windows Pro」、「Mac」などのOSによってDockerのインストール方法が違ってきます。

どのパッケージをインストールすべきかを確認しながら進めましょう。

Dockerをインストールするステップ

  1. Docker Toolboxをインストール
  2. Docker for Windows(Mac)をインストール
Dockerのインストールと基本的な使い方(Windows10とMac)Dockerのインストールと基本的な使い方(Windows10とMac)

【STEP.3】Dockerコマンドを使ってみる

実際にDockerコマンドを使って、Dockerイメージやコンテナを動かしてみましょう。

Dockerのベースイメージを取得するところから、オリジナルのDockerイメージを作成するところまでを解説しています。

Dockerコマンドを使いながら体系的に学べるような構成になっているので、上から順番に実行していくだけでDockerの流れをつかむことができます。

Dockerコマンドを覚えるステップ

  1. Dockerベースイメージの取得
  2. Dockerコンテナの作成と起動
  3. Dockerコンテナに変更を加える
  4. オリジナルのDockerイメージを作成
Dockerコマンドを使ったイメージ作成やコンテナ起動Dockerコマンドでイメージ作成やコンテナ起動までの流れをつかもう!

【STEP.4】Dockerfileを使ってみる

Dockerfileを使うことで、Dockerイメージを作成し、効率的に管理することができます。

Dockerfileの概要やメリットを確認し、実際にDockerfileからDockerイメージを作成(ビルド)してみます。

また、Dockerfileを作成するうえでの注意点についても確認しておきましょう。

Dockerfileを作成するステップ

  1. Dockerfileとは
  2. Dockerfileのメリット
  3. Dockerfileの作成
  4. Dockerfileからイメージ作成
  5. Dockerfile作成時の注意事項
Dockerfileとは?ビルドしながらイメージを作成Dockerfileとは?実際にビルドしながらイメージを作成してみよう!

【STEP.5】Dockerネットワークでコンテナ間通信する

Dockerネットワークを作成することで、複数のコンテナ間で通信することができます。

ここでは作成したDockerネットワークにRailsコンテナとMysqlコンテナを紐づけ、コンテナ間で連係させてみます。

Dockerネットワークを学ぶステップ

  1. Dockerネットワークの作成
  2. Mysqlのイメージ作成、コンテナ起動
  3. Railsのイメージ作成、コンテナ起動
  4. ブラウザから確認
【Dockerネットワーク】コンテナ間の通信【RailsとMysql】【Dockerネットワーク】コンテナ間の通信に挑戦する【RailsとMySQL】

【STEP.6】Docker Composeを使って開発環境を構築する

Docker Composeを使って開発環境を構築してみましょう。

Docker Composeとは、「docker-compose.yml」というファイルを使って、複数のコンテナからなるアプリケーションを管理、操作するためのツールです。

ここでは、Rails、Mysql、Nginxを例にDocker Composeを使って環境構築していきます。

Docker Composeで環境構築するステップ

  1. Docker Composeとは
  2. docker-compose.ymlの書き方
  3. Docker Composeの使い方(Rails、Mysql、Nginxの環境構築)
  4. 「docker-compose」コマンド一覧
  5. あわせて覚えたいDockerコマンド
Docker Composeとは?Rails、Mysql、Nginxを構築して使い方を覚えるDocker Composeとは?Rails、MySQL、Nginxを構築して使い方を覚える

まとめ

Dockerを使って、開発環境を構築するまでの流れを紹介しました。

いまどき、Dockerをまったく使っていないという会社は珍しいです。

もし、あなたがそのような会社に勤めているのであれば、少し注意したほうがいいです。

Dockerを使った開発がデファクトスタンダード(事実上の標準)になるなか、何もしなければそのまま取り残されてしまいます。

この業界で生き残るためにも、あなたがスキルアップできる環境に身を置くことが大切です。

新しい技術に対して、しっかり向き合える会社で働き、自分の価値を下げないようにしましょう。

テキストのコピーはできません。