【リニューアル記念】未経験からブロガーへのSTEPを続々更新!

プログラミング初心者こそRuby言語がおすすめ!楽しむことが重要!

初心者はRuby

僕は新人教育研修担当として、新入社員にプログラミングを教えています。

もちろん、新入社員はプログラマー未経験です。

研修は約2か月間あり、その期間に1人でWebサイトを作れるようになるレベルを目標にしています。

そして、その研修で採用しているプログラミング言語が「Ruby」なんです。

なぜ、僕が研修にRuby言語を採用したのか?

それには以下のような理由があります。

  • 楽しくプログラミングできる
  • 理解しやすい
  • プログラミング言語の基礎がつまっている
  • 実用的なプログラミング言語

実際にRubyで研修を受けた社員からも「楽しかった!」という声が圧倒的に多いのです。

プログラミング初心者にとって何よりも重要なことは「続けること」だと僕は思っています。

そのためには「楽しめる」というのがとっても大切なんですよね。

一度でも「つまらない」と感じてしまうと、だんだんと勉強するのが嫌になり、挫折してしまいやすいのがプログラミングでもあります。

もちろん、Ruby言語であってもプログラミングには変わりないので、楽して学べるというわけではありません。

ですが、比較的理解しやすい言語なのは間違いないでしょう。

そして理解しやすいだけでなく、WebサイトからTwitterなどのアプリまで、様々なシステムを作ることのできる実用的な言語でもあります。

また、他のプログラミング言語と比べて需要も高く、年収も高めになっているのも魅力的です。

僕自身もCやJava、PHPなど様々な言語を学んできましたが、Rubyに出会ってからはプログラミングがさらに楽しくなりました。

そんなRubyの魅力をプログラミング初心者にもわかるよう、簡単ですがご紹介します!

プログラミング初心者におすすめ言語「Ruby」とは?

Rubyとは、日本人であるまつもとゆきひろさんが開発した国産のプログラミング言語です。

作者のまつもとゆきひろさんは、Rubyについて以下のように「楽しさ」と「実用性」について話しています。

Ruby には Perl や Python とは決定的に違う点があり、それこそが Ruby の存在価値なのです。それは「楽しさ」です。私の知る限り、Ruby ほど「楽しさ」について焦点を当てている言語は他にありません。Ruby は純粋に楽しみのために設計され、言語を作る人、使う人、学ぶ人すべてが楽しめることを目的としています。しかし、ただ単に楽しいだけではありません。Ruby は実用性も十分です。実用性がなければ楽しめないではありませんか。

引用:Wikipedia

キツネ

「楽しさ」を目的として作らたプログラミング言語はRubyだけだよ!

つまり、Rubyは以下のような特徴があるのです。

  1. Rubyを学ぶだけの人も楽しめる
  2. 実際にプログラミングする人も楽しめる
  3. 楽しいだけじゃなく、実用性も高い

プログラミング初心者にRuby言語をおすすめしたい理由が、なんとなくわかってもらえたかなと思います。

では、Rubyの魅力についてもっと詳しく見ていきましょう!

Rubyは楽しくプログラミングできる

さきほど、Rubyは「楽しむ」ことを目的として作られた言語だとお伝えしました。

では、具体的に他のプログラミング言語と比べて、どこに「楽しさ」を感じるのでしょうか。

実はこれ、あなたが実際にプログラミングをしてみないと、なかなか実感できないレベルの話になります。

それでも初心者の方にわかりやすく説明すると

  • 綺麗なコードが書ける(無駄なことを書かなくていい)
  • 直感的に書ける

この2つです。

僕は他のプログラミング言語を使っているので余計に感じやすいのですが、コード(プログラミングした文字のこと)がとっても簡潔に綺麗に書けるんですよね!

他のプログラミング言語だと、少し古臭いというか

「そんなこと書かなくても、問題なさそうなのに…」

「こんなふうに書けたら、もっと見やすいのに…」

と感じることがよくあります。

ただ、何も知らない初心者プログラマーであれば、「そう書かなければいけないんだな!」で納得してしまい気付かないかもしれません。

ですが、Rubyであれば「そこ省略できるよね!」と思うところはどんどん省略し、「こうできたらいいな!」と思うところはそのように書けることが多いのです。

頭の中で「こうしたい!」と浮かんだことをそのまま打ち込めるので、ストレスなく楽しんでプログラミングできるのです!

Rubyは極力無駄を省くことで、綺麗なコードを直感的にプログラミングできる!

これこそがプログラミング初心者にRubyをオススメする「最大の理由」なんです。

Rubyは理解しやすく基礎となる言語

プログラミングの世界には「オブジェクト指向」という考え方があります。

オブジェクト指向は、プログラミングをしている方であれば必ず通る道です。そして、同時に初心者がつまずきやすいところでもあります。

ですが、なんとRubyはすべてがオブジェクトでできている言語なのです。

「え?何をいってるの?」

大丈夫、今は理解する必要ありません。オブジェクト指向は実際にプログラミングを勉強していく中で理解できればいいのです。

ここで僕が伝えたいのは、オブジェクト指向など「初心者がつまづきやすいポイントもRubyを学ぶことで理解しやすくなる」ということなんです。

これは実際にやってみないと実感できないことではありますが、最初に学ぶプログラミング言語というのは非常に重要になってきます。

最初に学ぶプログラミング言語を選ぶ基準としては

  • 理解のしやすさ(途中で投げ出さない)
  • 他のプログラミング言語を学ぶ際のベースの言語知識となるか

いきなり難易度の高いプログラミング言語や応用しづらいプログラミング言語から始めてしまうと、効率が悪いため非常に多くの時間を使うことになります。

これは算数で「たし算」を学ぶ前に「かけ算」を学ぶようなものです。

とはいっても、プログラミング未経験の方はどの言語がいいのかなんて最初はわからないですよね。

そのような方が間違った言語を選ばないように「とりあえずRubyから始めませんか?」という話なのです。

キツネ

最初に学ぶ言語で、覚えやすさが全然違うよ!

Rubyは先ほどの条件をしっかり満たしています。

  • 初心者でも直感的に理解できる(特にオブジェクト指向)
  • 基本的な構成や考え方は他の言語にも置き換えやすい

Rubyはプログラミング初心者でも習得しやすく、その考え方や構成は他のプログラミング言語にあてはめて考えてみても理解しやすい言語になっています。

このことは、実際に僕が教育したプログラミング未経験者がRubyで研修し、その後もPHPやJavaScriptなど他のプログラミング言語をスムーズに理解できていることからも明確です。

ちなみに、こういう話をすると「プログラミング言語ってたくさん覚えなきゃいけないの?」って思ってしまうかもしれません。

ですが、そんなことはありません。実際に業務で使うプログラミング言語をいくつか扱えるくらいです。

Rubyしか使えない人もいれば、Rubyだけでなく他の多くの言語を扱える人もいます。

ただ、「だいたい3つくらいは扱える」という人が多いと思います。

ですが、まずはそんなことを考える前に1つのプログラミング言語を完全にマスターしてください!

仕事上、必要になったタイミングで他の言語も覚えていくといいでしょう。

最初に学んだ言語でしっかりとベースを作っていれば、他の言語の習得もそれほど難しくはありませんしね。

キツネ

まずはRubyをマスターすることがプログラマーへの近道だよ!

ちなみに、「全てのプログラミング言語をマスターしよう!」なんて強者(変態?)プログラマーはほとんどいません。

Rubyは実用的な言語

Rubyはとっても実用的なプログラミング言語です。

  1. Rubyは様々なアプリケーションを作れる
  2. Rubyエンジニアは未経験でも転職しやすい

Ruby on Railsを使えば簡単にアプリを作れる

「Rubyは初心者におすすめしているような言語だから、単純なシステムしか作れない?」なんて思ってしまうかもしれませんが

そんなことは全然ないので安心してください!

Rubyは、TwitterのようなSNSからクックパッドのようなWebサイトまで、様々なアプリケーションを開発する(作る)ことができます。

さらに、これらのアプリケーションを簡単に開発できる「Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)」という、とっても強力なフレームワークが存在することも魅力的です。

フレームワークというのは「簡単にアプリケーションを作るための枠組み(ルール)」のことだと思ってください。

実は、Rubyを使うプログラマーのほとんどが、このRuby on Rails(通称Rails)を使って開発しています。

もちろん、Rubyの他にRailsの使い方も覚える必要はありますが、一度覚えたあとは「誰でも簡単に短時間でアプリケーションを作れるようになる」というメリットがあります。

プログラマーを目指す方はRubyを覚えたあと、そのままRuby on Railsを学ぶことがほとんどです。

キツネ

Railsを使いこなせれば、どんなWebアプリも作れちゃうよ!

Rubyエンジニアは未経験でも転職しやすい

Rubyエンジニア(Rubyを使えるプログラマー)は、他の言語のエンジニアと比べて以下のような特徴があります。

  • ライバルが少ない
  • 転職しやすい
  • 年収が高い

Rubyエンジニアの需要はどんどん上がっているのに対し、Rubyエンジニアが足りていないというのが現状です。

そのためライバルも少なく、未経験者であってもRubyやRailsが使えることを証明できれば採用に繋がりやすい特徴があります。

また、Rubyエンジニアの価値が上がっていることで、プログラミング言語別の平均年収では常に上位にランキングされています。

つまり、Rubyエンジニアの価値はとっても高いんですよ!

まとめ

さいごに、もう一度Rubyを学ぶメリットを見てみましょう。

  • 直感的に書けて楽しい
  • 簡潔に書けて見やすい
  • 理解しやすく、基礎をしっかり学べる
  • Ruby on Railsを使えば様々なアプリケーションを簡単に開発できる
  • Rubyエンジニアは転職しやすい
  • Rubyエンジニアは年収が高め

まずは、何よりも「楽しむ」ことが大切です。

僕がRubyを教えているプログラミング未経験者も「楽しかった!」と好評でした。

簡潔かつ直感的に書けるRubyこそ、プログラミング初心者が最初に学ぶ言語だと思っています。

ただ、ここで1つ注意してほしいのは「誰でも簡単に覚えられるわけではない」ということです。

これは、Rubyに限らずどの言語であっても同じことがいえます。

1つの言語を理解するだけでも多くの時間が必要ですし、独学ではつまずくところもたくさんあります。

職場では僕が講師としてサポートしていますが、独学の場合は教えてくれる人がまわりにいないため、挫折してしまう方だっているかもしれません。

誰だって壁にぶつかったまま前へ進めないと、自分の成長をなかなか感じられず飽きてしまいますよね。

趣味で覚えたい方や自分のペースでゆっくり勉強したいという方は独学もアリですが、「早くプログラマーになりたい!」という明確な目標を持っている方は、プログラミングスクールも視野に入れてみるといいでしょう。

テキストのコピーはできません。